どーもキューブ

フェノミナのどーもキューブのネタバレレビュー・内容・結末

フェノミナ(1985年製作の映画)
4.1

このレビューはネタバレを含みます

アルジェント監督、 ジェニファーの美の汚れ



ダリオアルジェント監督。

本作がダリオアルジェント作品で一番好きな世界観だ。

何よりその素晴らしさは、

主演のジェニファーコネリーにある。

昆虫と交信できる不思議少女を演じます。

彼女の越してきた寄宿学校の謎の殺人事件。

彼女は次第にその謎の能力に引きつけられるかのごとく事件に巻き込まれます。

アルジェントの凄みは、

本作でわ

美女と虫の融合にあります。

綺麗な者を汚い

おどろきしょい虫や泥で汚してしまう発想です。

このどこかエッチな倒錯性を

まだ幼いジェニファーにやらせるんだから凄い。

ジェニファーは、今もなおお綺麗で大好きです。

話の筋より正直その美しい汚れぶりに感銘してしまいました。

音楽ゴブリンといわれるダリオ常連音楽家の旋律も良い。

闇とジェニファーの白い肌のコントラスト!凄いです!

虫嫌いの方要注意でみてね!

 2009年4月20日 レビュー

追記
ダリオアルジェントの昆虫シリーズの代表作。

ジェニファーのロリータ極まる美しさ

それを汚す、きったなくする。

DVD欲しいです、廉価でお願いします。