GK

コンタクトのGKのレビュー・感想・評価

コンタクト(1997年製作の映画)
4.0
ジョディ・フォスターが飛ぶ宇宙は「結構雑な宇宙」だなと思ったけれど、この映画はそれが重要なのではない。

この映画は始まり方と、終わり方がすごく良い。

可能性を信じ打ち込むこと、希望を持つこと、そしてさらなる可能性に向かうラスト。

問い詰められる場面で宇宙人に立証ができない主人公エリー。ただそこで彼女は答える「私のものの見方が変わったことは事実」。


最後の場面、課外授業にて

子ども「宇宙人はいるの?」
エリー「いい質問ね。どう思う?」
子ども「わからない」
エリー「いい答えだわ、科学的よ。大切なのは自分で答えを探すことなのよ」


夢を追い求めることと、その希望を表現した映画でした。