コンタクトの作品情報・感想・評価

「コンタクト」に投稿された感想・評価

 20代後半に観ました。最も好きな映画の一つとして記憶しています。僕のハートムービーで、何度も観ていました。
 
 長い映画ですが、映像や演出、展開とテーマを咀嚼するスピードが、当時の僕に丁度良かったです。ロバートゼメキスさんが監督する事で、映画的テンポを殺さず、テーマと登場人物の心情を表現していると感じました。映画の作り手が、原作者の想いを大切に捉えているのだと思います。
 
 物語自体は、SFを媒体にしたヒューマンドラマで、人間が、自分を信じる力をテーマにしていると感じました。主人公エリーの生き方はとてもかっいいです。
 
 記憶が曖昧ですが、途中で、オーストラリアのアボリジニーと宇宙飛行士の会話シーンがあります。
 宇宙飛行士が「空にいる友達と話しているんだ」と言うと、アボリジニーが「僕らは、昔から毎日やってるよ」みたいな会話をします。短いシーンですが、ほっこりしつつ、底のない深さを感じるシーンでした。
 本当に記憶が曖昧で、他の映画のシーンだったら、ごめんなさい。

 さて、この原作者のカールセーガンさんは、NASAの惑星探査の指導者、天文学者、SF作家で、日本でも、1980年前後に「COSMOS」というTV番組が放映されていました。僕らが、ブラックホールやビッグバンなどという言葉を知っているのは、このカールセーガンさんがいたからこそです。矢追純一さんのUFO番組よりも時期は早かったはずです。
 
 そして、カールセーガンさんは、学者という立場から、このコンタクトにも出てくるSETIに発足時から実際に関わり、「地球外知的生命体探査」の研究も行った方です。
 だからこそ、この映画での設定が、無理があるのにスムーズで、説得力があるのかもしれません。もしかしたら、このコンタクトの物語は、公になっていないだけで、本当に起こった事なのかもしれませんね^ ^。
 また、晩年に書いた本は、「科学と悪霊を語る(新潮社)」なので、初めから、終わりまで、一貫したヒューマンドラマにも納得がいきます。いつか読もうと書棚に置いています。
 
 コンタクトの原作を読んでいない方に一つ伝えたい事があります。エリーが乗り込むあの装置は、本当は5人乗りです。
 不思議でしょぉ〜?
kinemon

kinemonの感想・評価

4.6
真理の探究って、とてつもない感動を与えるんだなって思った。素直になれば見えない物も見えてくる。私は、宇宙人の存在は信じないけど、人知を越えた存在は信じる。それに対して、自分の気持ちの中に畏敬の念を持つ事が、すべての災いを取り除く原点になるとヒントを得た。メッセージは、いつも我々に降り注いでいる。
冒険心と野心の違いがよく分かる。
これはわたしの人生と啖呵を切る姿は実にかっこいい。

1歩下がって全体を見る
JoAriyoshi

JoAriyoshiの感想・評価

4.5
素晴らしい。
彩

彩の感想・評価

3.6
コンタクトってゆうからなんとなく「メッセージ」みたいな作品を想像してたらわりと現実的な権力争いや大人の問題的なのが強くて少し思ってたのと違った。笑 あとすごい宗教絡ませてきてて、そこそんなに関係あるの?宇宙の神秘に迫ることって、信仰を犯す行為なの?と私にはイマイチ理解できませんでしたが、日本人だからかしら。アメリカだとやはり切れない関係性なのかな。
そのへんはイマイチ微妙でしたがお金儲けなど関係なく純粋に宇宙に夢を抱いてこれが自分の人生の全てだ、とまっすぐ突き進む主人公の芯の強さは素敵だったし、通信からの謎を解明していくくだりは面白かった!やっぱ宇宙ってロマンですよね…!こういう作品見るたびに素晴らしい気持ちになる。スペースがもったいない、て言葉が印象的。はたして彼女の考えは現実だったのかどうかわからないようにまとめてあるのが良かった。きっとこのテーマは永遠に何よりも最高にわくわくする謎だと思う。
TETOTE

TETOTEの感想・評価

3.6
インターステラーとか好きな人にオススメ。マコノヒーもでてるし。
エンドロールの音楽の90年代感がノスタルジックな気分に浸れて良かった★
🚧👷🏻‍♀️ただいま工事ちう👷🏻‍♂️🚧
蒼

蒼の感想・評価

4.0
2018/1/10
1997年というとちょうど20年前。アメリカでは”神”の意識がこんなに染み付いているものなのだなというのが驚きだった。やっぱりキリスト教国家なんだなぁ。そこを揺るがすような出来事に対しては大きな葛藤があって、外せないものなんだ。今は少しは変わってるのかもしれないけれど。この辺りは、信仰を持った経験のない人間からすると感覚的にわからないなと思う。
nn

nnの感想・評価

3.9
広い宇宙に人類しか生命体がいないなんて、もったいないって私も思ってた!
>|