コンタクトの作品情報・感想・評価

「コンタクト」に投稿された感想・評価

 20代後半に観ました。最も好きな映画の一つとして記憶しています。僕のハートムービーで、何度も観ていました。
 
 長い映画ですが、映像や演出、展開とテーマを咀嚼するスピードが、当時の僕に丁度良かったです。ロバートゼメキスさんが監督する事で、映画的テンポを殺さず、テーマと登場人物の心情を表現していると感じました。映画の作り手が、原作者の想いを大切に捉えているのだと思います。
 
 物語自体は、SFを媒体にしたヒューマンドラマで、人間が、自分を信じる力をテーマにしていると感じました。主人公エリーの生き方はとてもかっいいです。
 
 記憶が曖昧ですが、途中で、オーストラリアのアボリジニーと宇宙飛行士の会話シーンがあります。
 宇宙飛行士が「空にいる友達と話しているんだ」と言うと、アボリジニーが「僕らは、昔から毎日やってるよ」みたいな会話をします。短いシーンですが、ほっこりしつつ、底のない深さを感じるシーンでした。
 本当に記憶が曖昧で、他の映画のシーンだったら、ごめんなさい。

 さて、この原作者のカールセーガンさんは、NASAの惑星探査の指導者、天文学者、SF作家で、日本でも、1980年前後に「COSMOS」というTV番組が放映されていました。僕らが、ブラックホールやビッグバンなどという言葉を知っているのは、このカールセーガンさんがいたからこそです。矢追純一さんのUFO番組よりも時期は早かったはずです。
 
 そして、カールセーガンさんは、学者という立場から、このコンタクトにも出てくるSETIに発足時から実際に関わり、「地球外知的生命体探査」の研究も行った方です。
 だからこそ、この映画での設定が、無理があるのにスムーズで、説得力があるのかもしれません。もしかしたら、このコンタクトの物語は、公になっていないだけで、本当に起こった事なのかもしれませんね^ ^。
 また、晩年に書いた本は、「科学と悪霊を語る(新潮社)」なので、初めから、終わりまで、一貫したヒューマンドラマにも納得がいきます。いつか読もうと書棚に置いています。
 
 コンタクトの原作を読んでいない方に一つ伝えたい事があります。エリーが乗り込むあの装置は、本当は5人乗りです。
 不思議でしょぉ〜?
morgen

morgenの感想・評価

3.5
壮大。
1人の女性の執念と情熱の物語。

宇宙は広い。
考え始めたらどんどん深みにはまって抜け出せなくなる。
全く分からない世界。
想像や予測でしか分からない。
深い。

J・フォスターは横顔もきれいだなー。
yugama88

yugama88の感想・評価

4.1
宇宙とか次元とか...最高..あるかもってなった
こ

この感想・評価

-
テーマ的には好きなはずなんだけどなあ、、
さ

さの感想・評価

4.3
宇宙人の存在に対する、人間社会の反応が主に描かれています。政治、宗教、科学など、テーマが幅広くて驚きました。(恋愛要素は展開が急な感じは否めませんが)映画「メッセージ」が好きなら、この映画も楽しめると思います。
水曜日

水曜日の感想・評価

3.1

このレビューはネタバレを含みます

SFとしては地味なんだけど、いいですよね。

実証できないんだから神は存在しないとかいってるけど、地球外生命体は存在するなんて、神を信じてるようなもんだよ、根っこは一緒なんだよなぁって思う。
ssk

sskの感想・評価

3.2
全体的に冗長気味
暗号絡みの中盤は面白かった
唐突な日本要素は吹いた
3akata

3akataの感想・評価

3.2
突っ込みどころあるけど、わりと好きなタイプのSF。
さば

さばの感想・評価

4.3
予想以上に宗教色が強くてちょっとモヤっとしたけど面白かった。
権利がどうのとか信仰がどうのとか、ヒューマンドラマ要素が強めなのかと思って観てたら途中からがっつりSFで映像美も楽しめてすごくわくわくした。
長めだけど最後まで飽きずに観れた。
>|