コンタクトの作品情報・感想・評価

「コンタクト」に投稿された感想・評価

 20代後半に観ました。最も好きな映画の一つとして記憶しています。僕のハートムービーで、何度も観ていました。
 
 長い映画ですが、映像や演出、展開とテーマを咀嚼するスピードが、当時の僕に丁度良かったです。ロバートゼメキスさんが監督する事で、映画的テンポを殺さず、テーマと登場人物の心情を表現していると感じました。映画の作り手が、原作者の想いを大切に捉えているのだと思います。
 
 物語自体は、SFを媒体にしたヒューマンドラマで、人間が、自分を信じる力をテーマにしていると感じました。主人公エリーの生き方はとてもかっいいです。
 
 記憶が曖昧ですが、途中で、オーストラリアのアボリジニーと宇宙飛行士の会話シーンがあります。
 宇宙飛行士が「空にいる友達と話しているんだ」と言うと、アボリジニーが「僕らは、昔から毎日やってるよ」みたいな会話をします。短いシーンですが、ほっこりしつつ、底のない深さを感じるシーンでした。
 本当に記憶が曖昧で、他の映画のシーンだったら、ごめんなさい。

 さて、この原作者のカールセーガンさんは、NASAの惑星探査の指導者、天文学者、SF作家で、日本でも、1980年前後に「COSMOS」というTV番組が放映されていました。僕らが、ブラックホールやビッグバンなどという言葉を知っているのは、このカールセーガンさんがいたからこそです。矢追純一さんのUFO番組よりも時期は早かったはずです。
 
 そして、カールセーガンさんは、学者という立場から、このコンタクトにも出てくるSETIに発足時から実際に関わり、「地球外知的生命体探査」の研究も行った方です。
 だからこそ、この映画での設定が、無理があるのにスムーズで、説得力があるのかもしれません。もしかしたら、このコンタクトの物語は、公になっていないだけで、本当に起こった事なのかもしれませんね^ ^。
 また、晩年に書いた本は、「科学と悪霊を語る(新潮社)」なので、初めから、終わりまで、一貫したヒューマンドラマにも納得がいきます。いつか読もうと書棚に置いています。
 
 コンタクトの原作を読んでいない方に一つ伝えたい事があります。エリーが乗り込むあの装置は、本当は5人乗りです。
 不思議でしょぉ〜?
このリアルな感じ、ロケットで飛ぶのではない移動も、その後の展開も、とても好き
chika

chikaの感想・評価

3.1
宗教と科学の交差点。
まだ時代が時代なので哲学の強い映画だけど、SFとして面白かった。
目に見えないものを信じない人間達を取り巻く目に見えない世界。
見ているようで見ていない。
かんこ

かんこの感想・評価

3.8
マシューマコノヒーがイケメン
orion

orionの感想・評価

3.2
色々深いお話。あれはなんだったんだろう…とか。
ロマンがあり、やっぱりSFはいいなぁと思える映画。
古臭さを感じさせない映像技術が素晴らしい。
Tomo

Tomoの感想・評価

4.2
この手のSFはやっぱりいいなぁ。宇宙物ですが、サイエンスファンタジーでSFといった感じ。映像は時代なりの古さはありますが、やっぱり宇宙はロマンがあっていいですね。新しいことを主張する主人公に対しての冷ややかな目が痛かったですが、主人公の我慢強く前向きな姿勢に救われました。
ogcfc

ogcfcの感想・評価

3.0
20180104/BS
>|