のん

ヴェラ・ドレイクののんのレビュー・感想・評価

ヴェラ・ドレイク(2004年製作の映画)
4.0

舞台は1950年のイギリス。

家政婦として働くヴェラ・ドレイクの、明るく優しく不幸せそうな人を包み込む人柄が滲み出るオープニング。そのあと続く夫と20代の息子・娘との食事のシーンの朗らかな雰囲気で、一気にヴェラとこの家族が好きになってしまう。
映画では、そんなヴェラが家族には内緒で違法な堕胎を行っていたことが描かれる。

彼女はただ一心に「困った娘たちを助けたい」と思ってしていた事だけれど、当時のイギリスでは中絶は違法であり……

人工中絶についての考え方は国によって文化によって宗教によって、また個人的価値観によってそれぞれあると思うけれど、この映画は法や宗教的価値観を超えたところで突き動かされていたヴェラを、ドキュメンタリーのように描いてるところ。
そしてキャスティングと俳優陣の名演。主演のイメルダ・スタウントンがこの作品で数々の賞を受賞してるのも当然って感じですね。

どの時代にもどの地域でも見られる問題だけれども、この映画はその問題を「施術者側」から描いた点で稀少だし素晴らしい。そして観た後はズシリ重い。女性には特に重いと思うけれど見ごたえあり。