ゆみこ

クレヨンしんちゃん 嵐を呼ぶ!夕陽のカスカベボーイズのゆみこのレビュー・感想・評価

3.7
目標や目的があったはずなのに現状に妥協し、慣れてしまうことがとても恐ろしいことだと気付かされた。
忘れてしまうことがこわいのではなくて忘れてしまうことに気付かないことの恐怖。
これは現実世界の、とりわけ夢を忘れた大人たちに向けたメッセージである。

そのメッセージを踏まえた上で観るとラストやエンディングの歌詞が深く刺さる。

映画の世界に入り込んでしまう、という設定や西部劇の舞台および随所に散りばめられたそれらのパロディなどもあり、『オトナ帝国』、『戦国大合戦』に引き続く大人をターゲットにした作品だと感じた。