クレヨンしんちゃん 嵐を呼ぶ!夕陽のカスカベボーイズの作品情報・感想・評価

クレヨンしんちゃん 嵐を呼ぶ!夕陽のカスカベボーイズ2004年製作の映画)

製作国:

上映時間:95分

3.6

「クレヨンしんちゃん 嵐を呼ぶ!夕陽のカスカベボーイズ」に投稿された感想・評価

しんちゃん12作目〜!

映画館にいたら、急に映画の世界に入っちゃうかんじ、しんちゃん映画っぽい異質さ!

しんちゃんが現実の世界を忘れないようにするところ可愛い。ちょっとオトナ帝国みたい。

つばきちゃんが可愛すぎる。

ラストは、かすかべ防衛隊が
強すぎて笑えるやつ( ˙-˙ )
結構すき!!
ゆみこ

ゆみこの感想・評価

3.7
目標や目的があったはずなのに現状に妥協し、慣れてしまうことがとても恐ろしいことだと気付かされた。
忘れてしまうことがこわいのではなくて忘れてしまうことに気付かないことの恐怖。
これは現実世界の、とりわけ夢を忘れた大人たちに向けたメッセージである。

そのメッセージを踏まえた上で観るとラストやエンディングの歌詞が深く刺さる。

映画の世界に入り込んでしまう、という設定や西部劇の舞台および随所に散りばめられたそれらのパロディなどもあり、『オトナ帝国』、『戦国大合戦』に引き続く大人をターゲットにした作品だと感じた。
ayu

ayuの感想・評価

3.0
赤パンツヒーロー!
見たい見たいとは言ってもずーっと見れてなかったのがやっと見れた
オチはよめたけど設定がめちゃくちゃ良かった
でも折角魅力的なんだからヒロインの設定をもっと掘り下げて欲しかったなーと
つばきちゃんが最後にメッセージを託すとかあっても良かったんじゃ…?
しんちゃんも映画の世界に固執してたのにシロを見て正気に戻るのもなんか悲しい
しんちゃんの告白シーンが本当良かったし、封じ込められたものの正体もいい意味で意外だった しんちゃんならギャグで落とすかなーと予想していただけに
惜しい映画っていう印象 もっと時間があって設定が深ければ星5つだった
m

mの感想・評価

-
つばきちゃん〜
つばきちゃんに恋をする
切ないラスト。
もはや日課となったクレしん映画鑑賞。派遣先の女の子に勧められて見た。カンチョーで敵を制圧していくシーンなど部分部分ではあるけど昔観たのを思い出した。物語が終わりに向かうにつれ豪快な演出が増えてくるけど全体的にシリアスで落ち着いた感じ。私自身楽しいシーンの記憶しか残ってないことから、子供の頃は退屈な映画だなと感じてたんだろうなー。
先が読めるオチ、、と思いつつしっかり号泣してたんだけど、驚いたのはそれを綺麗にさっぱりと簡潔にまとめ上げたラスト。
概念的だがメタ要素も相まって素晴らしいテーマだと思う。
>|