anya

太陽はひとりぼっちのanyaのレビュー・感想・評価

太陽はひとりぼっち(1962年製作の映画)
2.9
ストーリーに動きはほぼ無い。ラストの寂しさ虚無感から平和の儚さを感じる。アランドロンがめちゃイケメン。