ふに

サウダーヂのふにのレビュー・感想・評価

サウダーヂ(2011年製作の映画)
4.5
よくこんな映画が撮れたものだ。日本映画史の中でも重要な一本。最後のあのシーンにははっきり嫌悪するが、それも含めて凄まじい映画だった。

映画のテーマは「土方・移民・ヒップホップ」。


一年に一度くらいしか上映していないという。また、監督のポリシーからDVD化はしないのだそう。
そして今、彼ら映像「空族」は『バンコクナイツ』という映画を製作している。しかも、映画のクランクインと同時にクラウドファンディングを行うという。名付けて「怒りのデスロード方式」だとか。
今回の特集上映の名前も「怒りのデスロード上映」だった。ふざけた命名だと初めは思ったが、この映画を観て以降はその意味がだんだん分かってきた。
おそらく彼らは『マッド・マックス 怒りのデス・ロード』を観て、観客として衝撃を受けたのだろう。そして、自分たちはこの映画にどうやって応えて、どんな映画を作るか自問自答したのだと思う。それは、バイクと車が爆走する映画を撮る、なんて意味じゃない。彼らなりに、「マッド・マックス」ばりの映画を作るという意気込みという意味だ。


そして、今度の映画『バンコクナイツ』のテーマは「娼婦・楽園・植民地」だという。特報をいくつか観せてもらったが、非常に楽しみだ。なんというか、日本映画の「いまここ」は、インディーズにしかないんじゃないかとさえ思う。

http://www.bangkok-nites.asia