「サウダーヂ」に投稿された感想・レビュー

ngsm
ngsmの感想・レビュー
2017/03/13
3.5
評判は良く聞くけど、DVD化していないので、かれこれ3年くらい見たいと思っていた今作は、「クールジャパン」と対照的に、日本が世界に発信したくない現状について描かれた話。製作は3.11より前だったということも覚えておきたい。

たまたま東京に生まれて、経済的に余裕がある環境に恵まれた自分は、様々なチャレンジや努力が容易い条件が整っていたということや、ここでたくさん出てくる日本の社会問題(地方の不況、右傾化、パチンコ、介護etc)を見て見ぬ振りしつつ毎日過ごして、なんなら加担する側にまわってるんだよなーということを思ったり…
いわゆるシステムの話
でも、どうしたらいいのか…


ただ、バンコクナイツも共通だったけど、やっぱり話に入り込むのに時間がかかった。
ほしの
ほしのの感想・レビュー
1日
5.0
地方都市のリアル。バカでかい「イオンモール」と「光の森」(光の森は九州方面に行くとあるはず、いとこが光の森を見ると田舎に来たって気がするとか昔言ってた)のようなノッペリした均一化地獄、ある種、文化壊滅地獄。空族の映画は本作とバンコクナイツしか観ていないけど、登場人物は楽園の話ばかりするも、それは地獄にいるからって感じか⁈

舞台が地獄ならサウダーヂとは、地獄から脱出を夢見ることか、その先は過去なのか。地方という地獄にのまれ手足を取られもがく者もいれば、馴染む者も、死ぬ者も。

とにかく登場人物が多いけれど、その誰もが独特の魅力と独特のリアルに放っていてずっと観ていられる。そして多分編集のリズムが周到。オーバーラップする繋ぎ方のおかげで筋らしい筋がなくても映画に興味を持続させる。そしてその筋らしい筋がない群像劇だからこそやはりリアル。そしてそのリアルの所以たる断絶された人々の様子は構造的な問題の被害のよう。さらにその問題が構造的だから個人での突破は激ムズか⁈とにかくみんなしんどかったり楽しかったり、ただ鬱屈はすぐそばに常にある。

交流の途絶えは国籍、年齢と様々。地獄からの脱出を夢見て思いだけは楽園へ飛んで行く。だから言葉が実体や意味から遊離して、声だけがツルツルすべる。すべる言葉は虚しい。そこで必然的にこの地獄だからこそ立ち上がる固有のヒップホップ!言葉で殺す。魂のライム。を目指す(?)ラッパー 田我流。彼のフリースタイルに映画観終わってから思い出し泣き。

断絶ゆえに考えが煮詰まってみんなおかしなことしているし、そのおかしさは煮詰まりきって先鋭化することもある。地方というリアル地獄こそがハイパー日本カルチャーでそこから生まれるヒップホップが唯一無二で最先端となる可能性、その芽は感じられた。しかし物語はそんなありふれたサクセスの幻想を楽観的に映さずあくまでリアル。この、芽はまいた、という映画の姿勢こそが絶望に効くのではないかと泣く。唯一見せてくれる幻想は本当にただの幻覚であってすべてを吹き飛ばすほどあまりに悲しくて泣く。泣く。泣く。

この映画をまた観たいと思うも、その願いは叶い難くてサウダーヂ。言葉がスベる。
美脚
美脚の感想・レビュー
5日
4.3
2017年3月鑑賞。
空族の現段階最高傑作。
先っちょまで真っ黒
先っちょまで真っ黒の感想・レビュー
2017/04/12
3.7
なかなか観れないもの見れた
Quietboy
Quietboyの感想・レビュー
2017/04/11
5.0
名作です。みんなギラギラしてる!
田我流を知るきっかけになった映画です。
今の日本の地方都市ってだいたいこんな感じでどん詰まり感が漂ってて、郷愁もクソも無い。
そっからやれることを消去法で見つけたカルチャーがアツく無い訳が無くて、ヤバいだけでは無くて、てかなんも無くて。
エグさだけでは済まない、ただならぬ熱量があります。
Kaba
Kabaの感想・レビュー
2017/04/10
4.1
このあといろいろあって見たの忘れてたわ
思い出になる映画だなあ
いやあ、面白かったな
なんか人間だよなあ
Tomo
Tomoの感想・レビュー
2017/04/01
-
北関東の本気。
suzu
suzuの感想・レビュー
2017/03/28
4.0
今はなきオーディトリウム渋谷で鑑賞。
主役と思しき人物は2人、精司と猛(田我流)。
2人を軸に、皆が皆それぞれのサウダーヂ=郷愁、憧景を抱き、転げまわる。
それは具体的な異国か、過去か、ここではない何処か、か。でもそれは幻。
ある者は見切りをつけ、ある者は取り戻そうとし、あるいは拒まれ、またある者は迷い込む。
ぼくらが居るべき所とは何だろうか。それは場所を指すのか、関係を指すのか、内面に答えはあるのか。
この問いは一般的なものだろう。
日常系アニメが日常を映し出さない死角から、思い切りどつくボディブロー。
おが玉屋
おが玉屋の感想・レビュー
2017/03/19
3.9

このレビューはネタバレを含みます

閉塞感がハンパ無くて辛い
>|