サウダーヂの作品情報・感想・評価

「サウダーヂ」に投稿された感想・評価

ngsm

ngsmの感想・評価

3.5
評判は良く聞くけど、DVD化していないので、かれこれ3年くらい見たいと思っていた今作は、「クールジャパン」と対照的に、日本が世界に発信したくない現状について描かれた話。製作は3.11より前だったということも覚えておきたい。

たまたま東京に生まれて、経済的に余裕がある環境に恵まれた自分は、様々なチャレンジや努力が容易い条件が整っていたということや、ここでたくさん出てくる日本の社会問題(地方の不況、右傾化、パチンコ、介護etc)を見て見ぬ振りしつつ毎日過ごして、なんなら加担する側にまわってるんだよなーということを思ったり…
いわゆるシステムの話
でも、どうしたらいいのか…


ただ、バンコクナイツも共通だったけど、やっぱり話に入り込むのに時間がかかった。
一般人

一般人の感想・評価

4.1
田我流最高。
地方の疲弊した人や街の表現が上手い。
日本にもこんな作品を撮る監督がいたんだと思った。
パン

パンの感想・評価

-
ボングで吸ってる
社会を描くときには、音楽を効果的に使ったり、カットを工夫して意図を強く出すのに、サウダーヂはあまりにも淡白すぎてよかった。それだけに最後の刺殺のカットとラップが印象的。
堊

堊の感想・評価

4.1
「いやほんとクソみたいな映画なんだけど世界はクソであふれてるよね」
川瀬陽太の出てる映画がまじで無理だったんだけどなんとか観れた。

しょうもない「朝ごはん一緒に食べるのは初めてだね」に感動しちゃった。俺も好きな子と朝ごはん食べてぇよ
どこまでも続く国道とチェーン店、シャッター商店街。繰り返されるルーティンとミニマルビーツ。この街で露わになる人種や権力、お金、あらゆる物に関するマウント意識でまともなヤツは狂ってしまう。結局逃げ場なんてどこにもない、どこにもなかった。

ロードサイドのリアルがエッヂ効きすぎな映像の連続で映し出されてました…。つい地元のロードサイドへのサウダーヂに飲み込まれてしまう。少しずつ歯車がズレて不穏になってく空気感はエドワードヤンの映画みたい。そしてなんたって商店街のフリースタイル、はー、すげー映画だった…!
Shibuya WWWの爆音にて。
rzstit

rzstitの感想・評価

3.5
渋川清彦特集でのオールナイト上映にて鑑賞
空族の作品をこの時に初めて観た
田我流もこの時に初めて目の当たりにする
あと知り合いがサイコパスの役で出ていた
在日外国人が日本に来て働いて生き抜くことがどれほどつらくて根性のいることなのか、考えるにあたって、ひとつの契機になる作品ではないかと思う
だけどラストのシーンには後味の悪さが残った…
>|