サウダーヂの作品情報・感想・評価

「サウダーヂ」に投稿された感想・評価

ngsm

ngsmの感想・評価

3.5
評判は良く聞くけど、DVD化していないので、かれこれ3年くらい見たいと思っていた今作は、「クールジャパン」と対照的に、日本が世界に発信したくない現状について描かれた話。製作は3.11より前だったということも覚えておきたい。

たまたま東京に生まれて、経済的に余裕がある環境に恵まれた自分は、様々なチャレンジや努力が容易い条件が整っていたということや、ここでたくさん出てくる日本の社会問題(地方の不況、右傾化、パチンコ、介護etc)を見て見ぬ振りしつつ毎日過ごして、なんなら加担する側にまわってるんだよなーということを思ったり…
いわゆるシステムの話
でも、どうしたらいいのか…


ただ、バンコクナイツも共通だったけど、やっぱり話に入り込むのに時間がかかった。
yasu

yasuの感想・評価

2.0
長いなー。
伝えたい事が多過ぎて、この長さになるんやろな。
もう少し短い方が、より伝わると思った。
過激ではあったけど人の日常見るのは好きだなぁ。
いわゆる映画の始まりと終わりはその映画の中にあるけど、これは映画の前から既に始まってて終わりもこの中には無いような感じ。そういう意味で人の日常覗いてるように感じれて良かった。
あと、真面目に熱持ってやってる奴をスカして見下すのが流行ってる世の中はダメだよね。
一生懸命に汗流そう。
良かったよ。山梨サイコー。
少し前にリバイバル上映で鑑賞。

まるで日常そのものでリアル、と言った評が多いけどそうかなぁ?イオンモールにシャッター商店街はどこの地方都市もそうだろう。そしてそこでモガキ苦しむ若者、ギラギラしてて熱い!キャラクターとしては愛すべきだが、自分の周りにはココの登場人物みたいな人は一人もいませんよ。

好きなシーンは、背伸びした嫁に連れてかれたパーティーで職業を聞かれて「ドカタっす。」というところ。カッコよかった。

まあ、自分には長くて少し退屈でした。
yunikong

yunikongの感想・評価

5.0
久しぶりに映画を2回観た。長いけどまったく飽きない。初空族だった。
Takada

Takadaの感想・評価

4.5
今更だけど初見@k's cinema
終始登場人物達はそれぞれの"ここではないどこか"を志向し、しかし"どこにも行けない"若者たちを描く終わりなき日常映画。

しかしなぜ今なのか(5年前くらいの映画だけど)。それは、もう20年くらい前の話。

あれから9.11や、3.11を経て、今も終わりなき日常を生きることは難しく、"ここではないどこか"を志向してしまう。宮台先生、どうすればいいすか?
という映画かなと思った。
山本

山本の感想・評価

4.0
2017.5.20渋谷アップリンクで鑑賞。
ヤンキー、土方、ラップ、ネトウヨ、そして東南アジア……
社会的底辺たちの行き場のないやるせなさを、①外国人排斥という形で爆発、②東南アジア≒ドラッグの世界に逃避、の2パターンに分けて巧みに描いている。
前作に当たる「国道20号線」、そして続編にあたる「バンコクナイツ」も合わせて見ると、底辺たちの「やるせなさ」の処理の仕方の変遷が分かって楽しめる。ソフト化されていないのが本当に残念。
この街も、もう終わりだなってセリフ。

日頃からずっと感じていたが、映画でここまで代弁してくれたのは、今までなかった。

やはり、テンポは自分的にはきついが、言いたい事は、最高。
>|