新世紀エヴァンゲリオン劇場版 DEATH(TRUE)2/Air/まごころを、君にの作品情報・感想・評価

「新世紀エヴァンゲリオン劇場版 DEATH(TRUE)2/Air/まごころを、君に」に投稿された感想・評価

良い意味でも悪い意味でもエヴァっぽい。
risako

risakoの感想・評価

5.0
劇場版エヴァでは、これが一番。
zoe

zoeの感想・評価

-
「気持ち悪、」
たかの

たかのの感想・評価

3.5
総集編のまとめ方があまり好きではない。
量産型5号機との戦闘シーンは飽きない。
「まごころを君に」は、終始意味不ー
あ

あの感想・評価

-
こんなの作ってたらそりゃ病気にもなるよ庵野秀明
ひろむ

ひろむの感想・評価

3.5
「笑えばいいと思うよ」の綾波の作画が神すぎる。。
すまる

すまるの感想・評価

4.2
何遍見ても面白い。
その時々の自分で発見するところが違うというよさがあります。

14歳男子の最後の敵(乗り越える対象)が巨大な母であり初恋の女子、というのが非常によいですね。そういうお年頃ですもの。

2020年予定の新劇版のオチがこれに並ぶことを願っています。
何度も見てる映画。
生きる、ということの苦しい部分、そしてその事から見えてくる喜びの部分まで、
見ると毎回そういう事を考えずにはいられなくなる映画。

確か自分がまだ高校生だった時に初めて見て大分病みました…
なのに、見ずにはいられない。

何というか、生きることが苦しい、この世界のくそったれ!とかいう(誤解を恐れずにいうと暴力的な)映画ではなくて、自分を受け入れたい、とか抱擁したい、って言う感情を何とか形にしようとしてる。だけどやっぱり難しい…。って言うものだと思う。

どうしようもないよな。そうそう、つらい。だけど生きていかなきゃなんない。でも…。って言う。

あと、映画を見る前にTV版は見たほうがやっぱりわかる。
見なくてもわかるにはわかるんだけど…。
でも、エヴァ見てみよっかな〜って言う気持ちでこれを最初に見たらきっと「うっ…」ってなる。

そんな感じ。
>|