パレルモ・シューティングの作品情報・感想・評価 - 5ページ目

「パレルモ・シューティング」に投稿された感想・評価

scarface

scarfaceの感想・評価

3.2
生と死がテーマ。いや死がテーマかな。映像や音楽はさすがヴィム、気が合います。俳優もみんな渋くていい演技してます。だけど、表現が少しぶっ飛びすぎてるかな。もうちょい現実味のあるシリアスで深く重いものにまとめたら受け入れやすかった。
JEDIobi

JEDIobiの感想・評価

4.4

重要な台詞の発せられるポイントが効果的で素晴らしい。
その台詞を言わせるための伏線や話の流れがしっかりしているから、こういう言わせ方なら、とても得心がゆく。

ただ、キャスティングは微妙。
個性の強い有名人を出すことで、
逆に作品の価値を下げてる気がする。
mackiee

mackieeの感想・評価

1.0
今は亡きルー・リード、デニス・ホッパーの登場に歓喜するも、基本的にはダサい映画でした。
Elly

Ellyの感想・評価

4.3
イタリアのパレルモを舞台に写真家が死を見つめる映画。
リスボン物語に近いテイストでした。

主人公がイヤフォンを付けるとBGMが鳴り、外すと消える演出には思わず唸ってしまった。ニクイです。

ヴェンダースは最後の10分間に強烈なメッセージを送ってくる。

「死を敬え、今が最後だと思って生きろ」

自分も写真を趣味としてやっているので、今後は違ったスタンスで写真を撮れそうです。
13.11.14
@ルー・リード追悼上映(爆音上映)

Dennis Hopperの迫力というか説得力というか、圧倒的なでかさにやられてしまった。

リアルタイム(2011年)で観逃していたので、今回の再上映は嬉しかった。
センスで最後まで見せちゃうのはズルいなあ、でも構図がキマッてて音楽もカッチョいいんだもん仕方ないじゃん
takahiro

takahiroの感想・評価

3.5
退廃的なパレルモの街並みが死に取り憑かれた男に似合う。画が綺麗。あそこまでいい女に出逢うともっと生きてたくもなる
ヴィム・ヴェンダースの作品の中ではかなりパーソナルな作品。綺麗というのとはまた一味違うアジのある風景には目を釘付けにされたし、主人公がイヤホンをしてる時に一緒に音楽が流れる演出は好きだったけど、正直内容がさっぱり理解出来なかった。デニス・ホッパーの死神役は一見の価値あり。でも内容がさっぱり理解出来なかった。
aiiiii

aiiiiiの感想・評価

3.3
音楽を聴きながら街を歩きながら写真を撮っていく。選曲のよさもさることながらこのシーンが素晴らしい。
死との対話。生きること。恐怖と己自身との戦いから生きる喜びを見出す。
Fuu

Fuuの感想・評価

2.0
主役の眉毛気になって気になって、字幕見逃す始末…。
なぜ、あんなに上がっているんだ…?