ユナイテッド93のネタバレレビュー・内容・結末

ユナイテッド932006年製作の映画)

UNITED 93

製作国:

上映時間:111分

ジャンル:

3.7

「ユナイテッド93」に投稿されたネタバレ・内容・結末

リアルな恐怖と、テロのむごさ・・・。
体が震えて苦しくて息も詰まるような映画でした。

他の人も見終わったと、終始無言状態・・・。
私もあの長い最後のエンディングが終わっても涙が止まらなかったょ・・・。
今、思い出しても目頭が熱くなります。

9.11。
あの日、4機が墜落・・・。
最後の4機目が目標まで到着せずに墜落した裏には・・・。
なにが起こっていたかみんな知ってますか??

テロ・・・。
コレは世界中みんな受け止めなきゃいけない問題。
絶対見て欲しいデス!

それでね、やっぱり死を直前にしたら・・・。
みんな最後に何をすると思う??

そう。
愛する人に「愛してる」って伝えるんだよね。
みんながみんな・・・。
愛する人。

家族。
友達。
恋人・・・。

大切にしなきゃな!!って思いました☆
なんでかなぁ
涙が抑えられんかってんけど
あの時アメリカは何にも機能してなかった
でも彼らは勝ったんだ
命をかけてハイジャック犯たちと戦い
彼らは勝ったんだ
海外ドラマで9.11のその後をテーマにした作品があって、事件名は知ってたけど詳しくは知らなかったので学習のために見ました。
ハイジャックされるまでは、ただ飛行機に乗るシーンが淡々と流れるだけで興味はさほど沸かなかった。
でも後半の緊迫したシーンの連続で、つい食い入るように見た。
機内の乗客のハラハラしてる感じや、家族に別れを言うシーンはリアルで辛い。

最後コックピットから近づく地面を見たときは、辛くて顔を覆いそうになりました。
実際の事件の学習のために見たけれど、凄く良かったです。
実話…だと思うと切なくなりました。

もし自分が同じ立場だったら勇気というか、覚悟というか、同じ行動がとれるか。。。

家族に連絡がとれたら、なんて話すか…

とにかく切なく感じながらラストを観ました。

ハイジャック犯人は悪だけど、国や考え=信仰などが違ったら…と思うと複雑な気持ちにもなりました。が、やはりハイジャックにより多くの命を奪うかとは❌だと改めて感じました。
アメリカ同時多発テロ9.11の時のハイジャックされた航空機5機のうちの唯一目標に墜落しなかった1機であるユナイテッド93の様子やテロリストと乗客の攻防を描いた実話物語。



人間に深く焦点を置くのではなく、ユナイテッド93の航空機自体を焦点に置いてるからまだ見やすかった。これが乗客一人一人に深く焦点置いてたら辛くて見られへんと思う。焦点合わせるスケールがデカかったから見ることができた。

だんだんと事態の深刻さに気づく人達の描写がこの事件のリアルさを物語ってる。この事件の当時はここまで大きい出来事になると思ってなかったけど、この映画見てるとやっぱり人類が忘れてはいけない、後世に伝えるべき史上最大の大事件やったんやなって感じる。悲惨すぎる。簡単に人が死ぬってことがあまりにも非日常的すぎて。

ペンタゴンに墜落した時の鳥肌がすごかった。映画が終わって最後の字幕もずっと鳥肌やった。家族に電話してるシーンが辛過ぎて泣けてくる。あんな別れ方はしたくないなぁ。

終わり方がすごすぎる。助かってほしいと祈ってたけど…(泣)。乗客の勇敢さを見習います。

実話ってこととあまりにも印象に残った終わり方だったので+0.2。
最後まで勇気を出して抵抗し続けた乗客の人達。
助かってほしかった…
平和ボケしてる日本はこういう時大丈夫か…
お、堕ちるんかい!
乗客たちの生きることを諦めない姿に胸がぎゅっとなった。
BSでやってて鑑賞。911テロの犠牲になったユナイテッド93便のお話。

結末は知ってるけどリアルすぎて鬱に
必死で生存しようとする乗客たちの奮闘空しく、最後飛行機がキリモミ状態になって地面が迫ってきてブラックアウトする描写が辛すぎます。

最後の突入作戦での乗客と犯人との容赦のない暴力というか、もみくちゃ状態になってる所がリアリティありすぎ。実際その場にいたら何もできず震えてるだけだろうな…。
印象的なのがハイジャック犯達が弱っちい若者だったという事。犯人たちも本当は死にたくなかったのか恐怖に震えてるように見えた。でもやってる事は酷すぎる

よくあるハイジャック映画だったら乗客の中にリーアム・ニーソンとかイコライザーなデンゼルワシントンがいて、悪人顔のテロリストを叩きのめしギリギリのところで着陸してハッピーエンド!なのに( ;∀;)

現実は厳しいですね…。
生きていて、助かって欲しかった。