ホテル・ルワンダの作品情報・感想・評価

「ホテル・ルワンダ」に投稿された感想・評価

ハラハラさせた話。高校の頃に観てたが観るんじゃなかったと後悔してる。けどその後、スピルバーグの作品を見てから怖くなくなったけどね。
pazoo

pazooの感想・評価

3.3
ルワンダ虐殺の概要
Nyoromo

Nyoromoの感想・評価

4.5
忘れられない
YuuNanbu

YuuNanbuの感想・評価

4.0
見ているのも辛い。でも、見なくてはいけない映画。
これが作り話ではなく、実話であること 根っこの原因はベルギーの植民地支配なんだろうなあ
nac

nacの感想・評価

5.0
記録
感想川柳「宗教が 争う理由に なる現実」

レンタル店でパッケージ借りでした。φ(..)

1994年、ルワンダの首都キガリ。高級ホテル「ミル・コリン・ホテル」で働く支配人のポールは毎日順調に仕事をこなしていたが、ある晩、ホテルからの帰宅途中に街で火の手が上がっているのを発見する…というお話。

ルワンダで本当にあった出来事を映画化した作品です。( ゜ρ゜ )

そんなに期待してなかったんですけど、意外と息が詰まる展開で最後まで見入っちゃいました。((((;゜Д゜)))

なんで見た目も変わらないのに民族や宗教が違うだけでこうなってしまうのか考えられない。(*_*;殺し合うなら憎み合う同士で、関係ない人まで巻き込むことないのに。(´Д`)

でも最終的には「心」なんだなと思いました。m(。≧Д≦。)m
救うべき人はたくさんいる中で一部の人だけが助かっていく様子は悲しい
よよよ

よよよの感想・評価

4.0

このレビューはネタバレを含みます

『ホテルルワンダ』
ルワンダ虐殺の時の実話をもとにした映画。平和に暮らしてた隣人が長年の恨みを持って突然豹変。多数派のフツ族が少数派で支配層だったツチ族を大量虐殺する。フツ族かツチ族かというのも、鼻の高さや肌の濃さをみて白人が決めたというのも考えさせられます。ポール・ルセサバギナは実は現在平和になったルワンダでは英雄視されていないらしい、むしろ逆らしい。いずれにしろ、ホテルで匿った事実はすごいと思います。家族愛も印象に残りました。
>|