ホテル・ルワンダの作品情報・感想・評価

「ホテル・ルワンダ」に投稿された感想・評価

Rin

Rinの感想・評価

-
この作品を鑑賞し、評価できる環境にあることは物凄く恵まれていること。そんな環境にある自分が点数をつけられるものではない

Why are people so cruel?
フツとツチの違いなんか元々ほとんどなく、植民地支配しやすいように宗主国が利用したもの。ホロコーストでさえひとりひとり手をかけたわけではなく楽な方法をとった。彼らに隣人を刃物で手にかけるほどの憎悪を抱かせた歴史が恐ろしい。
ほんまにいい映画
1度は見なきゃ行けないやつ。
いつか見なくてはいけないと思っていた映画のひとつ。昔の話では決してない。なのに私は知らなすぎた。
虐殺はもちろん絶対起こしてはいけないことだけれど、加害者になってしまう弱者を作り出す社会、国際的、歴史的な構造、その世界の構造因子のヒト欠片の自分の責任を思った。ジャーナリストの言葉「そして食事を続ける」一人だったのかな。
平和維持軍の出来ることの限界とか、介入軍が介入する理由?根拠?見返り?とか。人道的、宗教的立場でも出来ないことって多すぎる。。
社会をもう一度学んで、もう一度、ちゃんと向き合いたい作品だった。
3人で見て3人とも感想が違った。人って色々なんだなぁと思った。自分より圧倒的脳筋の感想をもつやつがいて驚いた。
pepe

pepeの感想・評価

4.3
ルワンダ内戦中の、フツ族、ツチ族の抗争の話。肌の色もなにもかもほとんど変わらないのに、住んでいた土地や身分証で人々は引き裂かれて殺しあう。
健太郎

健太郎の感想・評価

3.2
敵の黒人の動きと頭脳の低さキモさがブラックホークダウン思い出す

可哀想な実話映画
日本人と韓国人など明確な違いがなく、同じ黒人をただ顔の形だけで区別する植民地時代恐るべし

地味にジャンレノでてる
>|