ホテル・ルワンダの作品情報・感想・評価

「ホテル・ルワンダ」に投稿された感想・評価

tnmt

tnmtの感想・評価

4.8
社会の授業で見ました 見た直後暫く、本当に何も言えなかった

まず出てくるのはこれが1994年、平成の世に起きたことだとは思えない 余りにも残虐すぎる でもこれが現実なんだよなァ…
ホテル・ルワンダでさえこんなに悲しくて虚しいのに、ルワンダの涙よりはソフトだって 少し怖いけどルワンダの涙もみようかな、いや観なきゃ知らなきゃ本当にあった事を ておもった

あと最後にひとつ、グレゴワールにスポットを当てた話が観たい
KentF

KentFの感想・評価

3.3
映画作品の中には、娯楽や文化としての価値以外に基づいて、繰り返し鑑賞されうる作品がある。虐殺後の政権への配慮が見え隠れする本作品は、民族紛争や国際政治の資料としても受け継がれるだろう。
null

nullの感想・評価

4.5
知識は力なり。
mamo

mamoの感想・評価

-
過去記録
Ryo

Ryoの感想・評価

4.0
事実が大きすぎる。
この虐殺が起こったのが1994年ということに驚く。ルワンダは西欧諸国にとって無価値であり、救援を送ってもその後の見返りが期待できないからという理由で援助を打ち切ってしまうところに人間の怖さを感じた。

「シンドラーのリスト」のアフリカver.って感じ。ポールやアーチャーさん、平和維持軍の大佐たちの、人々を助けたいという想いから来る言動が胸の奥に刺さった。
久々に見たけれども、不朽の名作。
ニュースで見ても怖いねって言うだけでディナーを続けるさ、という言葉が重かった。人間の狂気と残酷さを感じた。
>|