病院で死ぬということの作品情報・感想・評価

『病院で死ぬということ』に投稿された感想・評価

品川巻

品川巻の感想・評価

5.0

病気の祖母に声をかけながら頭をなでる祖父の後ろ姿を思い出し、上映中、ずっと声を殺して涙を垂れ流すことしかできなかった。

これがもしも洋画だったら、家でスマホで観ていたら、ただの無機質なインディペン…

>>続きを読む
え

えの感想・評価

-

このレビューはネタバレを含みます

最後はこうなるのだから(これはしあわな方かも)
叶わないしあわせを追い求めるより身近なしあわせを手にするべきなのかもしれない、なんてふとおもったりして、、
それは挟まれるあの街や人の風景に感化されて…

>>続きを読む

嗚咽してしまいしばらく立てませんでした。ドキュメンタリーパート挟むのずるすぎるしあんなの泣いてしまうでしょ。誰もが知ってる家庭のカレー味みたいな映像。ここにいることの幸せが巻き起こった。
愛としか呼…

>>続きを読む

「死を乗り越えるということは
勇気でも諦めでもない
愛なんだ」

今生きてること、家族のこと、
去年(コロナのため)病院で最期を遂げたおばあちゃんのこと、をたくさん思った。寝て起きてもまだしんどいけ…

>>続きを読む
こんなんずるいわ
あさの

あさのの感想・評価

5.0

病が体を蝕む。長い文章も読む気力をなくしている。
それは生きていると言えるのか。

人生に死が立ち塞がっていて、どうしようもない。

しかし我々は死を含めた生活を選ぶことができる。
大事な人に近づく…

>>続きを読む
目黒シネマ市川準監督特集に足を運ぶのも気付けば3年目。やっぱりこの人の頭の中がすきすぎる。どうしてこういうふとしたカットが撮れるのだろうか。
百万両

百万両の感想・評価

3.9

市川準さんの、その場の空気を一粒まで漏らさず映し採ろうとする、何というか息を殺した静かな目線…大事に切り取られた、その先に浮かび上がる静かな物語がこっちの心にゆっくり浸透してくる。
濱口竜介さんに通…

>>続きを読む
tomひで

tomひでの感想・評価

5.0

市川準監督の追悼特集上映があり『病院で死ぬということ』が35㎜フイルムで上映されるというので目黒シネマへ。フィルム上映って今となってはめっちゃ贅沢。この映画を観るのは3回目。昔観た時は映画後半で泣い…

>>続きを読む

演技しているシーンはすべて客観的な定点カメラで描かれています。作り事でありながらも、演者は二の次に、命を厳粛に扱おうとする撮り方には好感が持てます。
カノンのオルゴールは素晴らしい音響効果を発揮して…

>>続きを読む
>|

あなたにおすすめの記事