flower

ハウルの動く城のflowerのレビュー・感想・評価

ハウルの動く城(2004年製作の映画)
3.5
金曜ロードショーが珍しく、
きちんとエンドロールまで流してたので
ちょっと嬉しい。♡
(いつも秒速で終わらせるからきちんと流して!って思う)


公開当時、良さがまったく分からず
絶賛されてる理由も、???で
唯一ピンときたのは
キムタク声優かー!ってだけ。そこだけ。笑


しかし公開年2004年って、、
もう14年経ってんの!?!?( °ㅂ。)
計算してびっくりしたわ...
当時11歳か...
そりゃ良さわからんと思うわ...ハハハ...
これはオトナが楽しむ内容だな(ドヤ)←

今日改めて観たらめっちゃ泣くやん自分。‬
え?うそお?
特に理由もなく
めっちゃ涙出るやん、ほんで自分。笑


キャラクターたち、
こんなに愛らしかったかしら?
カルシファー安定。
めっちゃ単純だし、動きとか
手がちょいちょい出てくんの可愛い。笑
マルクルも可愛い
おばあちゃん(荒地の魔女)も可愛い
カブも素敵
ハウル美しか〜
ソフィーみんなにモテモテ!笑


音楽も、
ジブリ音楽の中で一位、二位ってくらい好き。

レトロな雰囲気だけど古臭くなくて、
心の懐かしいところを刺激してくるような旋律


ジブリの過去の名作もですが、
宮崎駿監督×久石譲 のタッグが織り成す映画は
傑作ばかりだなぁとひしひし。。


大人になってみると、
当時おばあちゃんにイライラしたり、
ハウルの鳥姿、気持ち悪!とか思ってたけど
なーーんも気にせずフラットに観れた。笑



ジブリの面白いところは
歳を重ねて見ると、また価値観や
みる視点が変わるところですね。