ハウルの動く城の作品情報・感想・評価

「ハウルの動く城」に投稿された感想・評価

KEIKO

KEIKOの感想・評価

4.7
映像一つ一つの細部がとてもきれい。
ハウルの部屋とか、サリマンの屋敷とか、街とかもうすべてが美しい!

このレビューはネタバレを含みます

ジブリの中では「風立ちぬ」と同率1位の作品。

物語は、ソフィーの葛藤と、胸の奥が鋭く痛む程の純愛。

ソフィーが何に悩んで、自尊心がズタボロになっているのかというのは非常にわかりやすい。
自分なんかおばあちゃんの姿の方がお似合いだと思っているのをひしひしと感じる。

私も、自分が大嫌いだし、自分を好きになれない。
でも、もしある日おばあちゃんになってしまったら、とても受け止めきれない。
「これ以上何を奪い取るつもりなの!?」って、きっと死にたくなる。

でもソフィーはたった1晩考えて受け止めたのね。
受け止めるの早過ぎない?
ソフィーは実は素晴らしい決断力の持ち主なんだということが分かる。
しかし、それをあっさりと受け止められたのはソフィーの自尊心がずっと前からそこら辺に落ちている石ころのように価値がなかったからなんだということも分かる。

ハウルの運命の人はソフィーなんだと思う。
ハウルはこれまでずっと何かから逃げ続け、そんな自分が嫌いだったんだろう。

でも、ソフィーはきっかけだった。
ソフィーは、沢山の勇気を与えてくれる、そんな人だった。
だからハウルはソフィーを愛した。
ソフィーは自分に様々なことを分からせてくれたのに、ソフィーはソフィー自身のことを蔑ろにしていた。
ハウルは、変えてみせたかった。
自分を幸福にしてくれた女性を幸福にしたかった。

それぞれの登場人物が思っていることが一つ一つ伝わってくる。
監督が「愛」というのをとても大事に扱っているのが分かるし、そこには観る人を幸せに感じさせるものが詰まっている。

頻繁に観たくなってしまう作品で、DVDも持ってるけれど金曜ロードショーでやってたらついつい観てしまう。

子供がこれを観てくれるといいな。
私は子供の頃からこれが大好きだったし、これを観て愛情の尊さがどんなものか、少しだけわかった気がする。

私の中で抱く「愛」のイメージは、ハウルの幼少期に空から降ってきたカルシファーを手の中に優しく留めているイメージ。
ふわふわしてて、大切に、慎重に扱わないといけない。
そんな愛を、これから手に入れられればいいな。
keroron

keroronの感想・評価

4.2
世界観がとても好き。
ハウルの城の中の感じや、ヒミツの花園の小屋の中がとても好きでした。
ありさ

ありさの感想・評価

5.0
絵が綺麗!ハウルとソフィ達が大好き!
ytbn

ytbnの感想・評価

4.5
ジブリ全般そうだけど、何回か見てやっと理解できる部分が多い。深い。
ほっぺ

ほっぺの感想・評価

3.8
Favorite one
evane

evaneの感想・評価

3.2

このレビューはネタバレを含みます

ようわからん
カルシファの声だけモノマネしたい
Natsuki

Natsukiの感想・評価

3.8
私は好き。好みが分かれる作品だと思う。ハウルの人間味あるセリフが好き。
>|