vivo

アラスカ魂のvivoのレビュー・感想・評価

アラスカ魂(1960年製作の映画)
2.0
のん気なテンポの物語。この忙しい時代に、こんなテンポの物語を純粋に楽しむことは難しい。ストーリー展開も登場人物の感情変化も、何もかもがスローでもどかしい。でも、変化のテンポって、本当はこんな風にゆっくりなはず。こんな映画を観て単純に笑えていた時代を経験してみたくなる。