kawaebi99

ザ・インタープリターのkawaebi99のレビュー・感想・評価

ザ・インタープリター(2005年製作の映画)
3.0


ニコール キッドマンとショーン ペンがロビーの椅子に腰掛けて会話するシーンのカメラがワンショットのアップでバンバン切り替わって、そのカットの度に彼女の前髪が前に垂れたり垂れていなかったり。次のカットではどっちなのか想像して、それが当たったり外れたり ^_^;
まるでコントのようで笑ってしまった。


同時通訳自体はストーリーのきっかけ作りのための素材で途中からはあまり重要でなくなっていってしまうのかぁ。。。 サスペンスとしてはもう少し暗号的にとか隠語っぽく小道具として使えたんじゃないかと思ってしまった。
まーぁ 冒頭のショーン ペンが酒浸りから抜け出せて良かった良かった。

ニコール キッドマンが自然な声で怒鳴り叫ぶシーンが珍しかったのでそこにポイント加点。