ライフワン

バードのライフワンのレビュー・感想・評価

バード(1988年製作の映画)
4.2
セッションで何度か名前の出てくるJAZZ会では伝説のチャーリーパーカーの伝記。
ドラムではなくサックスの演奏者でビバップ(即興)という新しいジャンルの創始者をウィッテカーが演じ、監督はイーストウッド。これだけでもう最高。
チャーリーパーカー名前だけはよく聞いてたけど、こんなにクレイジーな人だとは知らなかった。酒、女、ドラッグ音楽人にありがちなこの3点セットにとにかく溺れるが、サックスをさせたら右に出るものはいない。その姿がめちゃくちゃカッコイイ。映画を観るときどうしても音楽から入る自分には映画で使われているチャーリーパーカーのビバップは凄く刺激的な作品でした。 天才ってやっぱどっかぶっ飛んでるんだな〜。
ちなみにビーバップハイスクールのビーバップはここからきてるらしい。