アポロ13の作品情報・感想・評価

アポロ131995年製作の映画)

APOLLO 13

製作国:

上映時間:140分

ジャンル:

3.7

あらすじ

「アポロ13」に投稿された感想・評価

Fieldpan

Fieldpanの感想・評価

3.5
・19/01/17:NHK-BS プレミアムシネマ
SoSemb

SoSembの感想・評価

3.6
シンプルかつ分かりやすい!

あまりにドラマチックな実話のため、ロンハワード監督がメガホンを持ち、主演をトム・ハンクス、ケヴィン・ベーコン、それを支える名優ビル・パクソトンにエド・ハリス(大好き)!

VFXも当時最先端のもので今見てもそこまで違和感のないロケット打ち上げシーンは素晴らしい出来。

実在するNASAの無重力マシーン通称"嘔吐彗星"を用いた実際の無重力での撮影は宇宙船内でのリアリティを追求します。狭いLEM内での息遣いの緊張感も良いです。

ですが!

少し綺麗にまとまり過ぎていて、物足りなさを感じるのも確かです。なんだか実話の流れを映画的に美化して脚色しました、という臭いがするのがもったいないポイントでした。

総じて面白いのですが。
naoki

naokiの感想・評価

4.0
月 精神と時の部屋
観た後で思ったけど、前も観たな。
自分は宇宙にいける器ではないと確信。
unOtAKasHi

unOtAKasHiの感想・評価

4.0
宇宙パニック系映画の先駆け、アポロ13号の実際にあった宇宙飛行船のトラブルを元にした名画。宇宙兄弟でも、ムッタがこの映画のトム・ハンクスが親指で月を隠す姿を真似してるシーンがありますね(^^)

20年以上前の映画、しかも1970年当時の事実を元にしているので、NASAや宇宙船の作りや、映像技術のぎこちなさは最新のものに比べるとどうしても古臭さを感じていまいます。

しかし、当人達の情熱とは裏腹に3度目の月面挑戦にクールな反応の世間、出発直前のクルーの交代、交代で入った若手クルーの期待と緊張、次々に発生するトラブル、険悪なムードの船内、なだめ落ち着かすキャプテン、地球で待つ家族の愛情、NASAメンバーの協力、無念の地上待機となったクルーの献身、そして帰還への挑戦と、あらゆるエーモーショナルな展開が詰まっていて視聴者の心を掴んで離しません。

宇宙好きならおさえておきたい名作です。
Takim

Takimの感想・評価

4.0
実話なのが信じられない
胸熱!
重厚感があって良い映画
カシコ

カシコの感想・評価

3.0
エドハリスがかっこよかった
彼の泣き顔って、他の映画で見た記憶がないので、彼が感極まっている姿を見て
ブワッとなってしまった

誰もが書いているが、これが実話だなんてね…凄いね
トムハンクスにピッタリな役だった
>|