アポロ13の作品情報・感想・評価

アポロ131995年製作の映画)

APOLLO 13

製作国:

上映時間:140分

ジャンル:

3.7

あらすじ

「アポロ13」に投稿された感想・評価

shun

shunの感想・評価

4.0
ゲイリーシニーズこんなところで出てくると思わなかった。csi:ny
ぶみ

ぶみの感想・評価

4.0
宇宙船アポロ13号の船長であるジム・ラヴェルのノンフィクション小説『Lost Moon』を原作とし、ロン・ハワード監督、トム・ハンクス主演で映像化したヒューマンドラマ。
様々なアクシデントが起こったアポロ13号の打ち上げから地球に帰還するまでの様を追う。
久々の再鑑賞。
船長であるジムを演じたハンクスを始め、同船に乗り込んだ宇宙飛行士をケヴィン・ベーコン、ビル・パクストン、搭乗するはずだったが風疹により地球に残った飛行士をゲイリー・シニーズ、主席管制官をエド・ハリスと、錚々たるメンバーが名を連ねる。
史実を基にしているため、最終的には無事帰還することがわかっているのだが、そこに至るまでの過程が素晴らしく、ラストの交信が復活したシーンでは、何度観てもカタルシスを感じることとなる。
何より、それぞれのスペシャリストがそれぞれの立場でベストを尽くし、チームワークでその力が増幅され、一つの目標に向かっていく様は胸を熱くするとともに、仕事はもとより人生において困難に面した時のあるべき姿を教示してくれている。
史実を基にしていながら巻き起こるアクシデントによりエンタテインメント性も高く、お仕事ムービーとしても、ヒューマンドラマとしても楽しめる良作。

私はNASA最大の快挙を信じている。
karin

karinの感想・評価

4.5
これは良作。エドハリスかっこよすぎ。
宇宙好きな人はもちろんだけどそうでない人も観て欲しい。
今年は特に人類が月面に降りたってから50年のmoon yearなので是非。

アポロ計画も然りGoogleの月面無人探査レースも然り中国の嫦娥3号も然り人類は競って月を目指す
そこまで月に魅せられたロマンとNASAのプロフェッショナルたちの情熱を熱く感じた
Ryusuke

Ryusukeの感想・評価

3.5
当時はとてもワクワクしたけど、大人になって見ると、ちょっと冷めた
これぞ男の映画!
プロジェクトX的な感じもまた良い( ๑•̀ •́)و
この映画を観てOMEGAを購入、今は壊れて動かないけど(^^;
キヨ

キヨの感想・評価

3.5
宇宙で爆発事故なんて起きたらもう絶望しか起きないのに、希望を捨てないって大事。

エド・ハリスかっこいいいいい
sabonis

sabonisの感想・評価

4.0
再び見ても流れるスピード感に飽きはなかった。
この映画で、エド・ハリスを注目し始めたと思う。若い。
nakataka

nakatakaの感想・評価

3.3
トムハンクス主演。
アポロ13号の爆発事故。実話。
アームストロングに続いて、月面を歩くことに夢見る3人の宇宙飛行士。

地球に残された人々は、ただ黙って無事を祈ってるだけではない、、!
さすがNASA職員の知能!
>|