YuukiImazu

悪魔のいけにえのYuukiImazuのレビュー・感想・評価

悪魔のいけにえ(1974年製作の映画)
4.5
何回観てもおもろいな、これは。
まず、16㎜フィルムのザラつきが効いていて、「ドキュメントじゃないの」、と錯覚してまうほどの生々しさ。その時代の空気をしっかりと記録してる感じ。あとは、ロングショット多めの前半から、後半の狂人一家に捕らわれた女の、眼球の血管までに迫る超クローズアップまで、ショットの極端な違いも特徴的で面白い。ロウアングルからのショットも歪やな。撮影が最高やね。

それにしてもこの映画、直接的なグロ描写がないのに、肝冷やすぐらいに恐ろしいのは何でや。もちろん、常軌を逸した異常な存在に対する不快感はある。そして、チェーンソーを持った大男に執拗に追われるんだから、そりゃシンプルに恐いわな。

特に、唐突に襲い来るレザー・フェイスに出くわした若者との間の、素早いカット割りと無音が、強烈な印象を脳みそに刻みこむわ。人の死が決定づけられる、その一瞬を捉える場面は、やはり強烈や。
そして、クライマックスの鮮烈な朝焼けのチェーンソーダンス。あの場面は、もうアートやな、素晴らしや。