あきらむ

悪魔のいけにえのあきらむのレビュー・感想・評価

悪魔のいけにえ(1974年製作の映画)
4.1
アート映画としても評価が高いらしい本作。レザーフェイスが初めて姿を見せる場面は、コントかな!と思うくらいに絶妙なタイミング!(褒めている)
女の発狂演技や描写が綺麗。血走った目と汗、瞳孔の動きまで美しい。
こんなに長い悲鳴は初めてでBGMかと思ってしまう。追いかけっこの始めの方は怖いし五月蝿いけど、くどいと思う頃から味が出て子気味よくなって、楽しくなっちゃう。
レザーフェイスのでっぷりした体格から肉屋を想像させられた。実際には屠殺家業なのだけど。
数あるキチガイファミリーの中でもトップクラスにとんでるけど屠殺にしか興味ないのが良いね。グロ描写は苦手なので、グロが少なくて良かった。
最後の数分間が本当好き。あの景色、あの車、女と男とレザーフェイス。