にっきい

悪魔のいけにえのにっきいのレビュー・感想・評価

悪魔のいけにえ(1974年製作の映画)
3.0
白ベルボトムの女の子が見事なぷりケツ!

ホラー映画の金字塔として有名な作品。
公開当時は子供だったので流石に見ませんでしたが、その後なかなかソフト化されず見る機会がないままでした。
そしたら公開40周年記念バージョンが上映されたので観に行きました!
アマプラにあったので久々の再見です。

生家の隣人はキチ○イ一家って話し。
大男でネクタイにエプロン、人皮のマスクと言う強烈なヴィジュアルの殺人鬼レザーフェイスのインパクトは今も色褪せてません!
しかも言葉を喋らず奇声しか発しないのが、コミニュケーションを取れない怪物として、より一層の絶望感を演出してます。
鳥の羽毛だらけの床、人骨で作られた家具、壁一面に飾られている剥製etc、舞台も最高。
僕の観た40周年リマスターは高画質ですが、元々は荒い画質にBGMは一切なく効果音だけ、まるでドキュメンタリーのような作りの作品です。
今の作品のように直接的なゴア描写は全くないのに演出だけで恐怖を表現してるのが凄い!
全く救いのないストーリーなのに不思議と胸糞感は薄い。
そして朝日を浴びてチェーンソー振り回して踊るレザーフェイスの姿が印象的なラスト。
まさに奇跡的な完成度の作品です!

これ見たのが1月2日なんですが、この日は夕方から仕事。
あー、仕事行くのやだなぁー(笑)