すき

悪魔のいけにえのすきのレビュー・感想・評価

悪魔のいけにえ(1974年製作の映画)
3.5
体調悪い中鑑賞。チェーンソー全然切れないじゃん!威力なさすぎん?わたしは絶対生き残りたくないので、確実に一発で死ねるようにお願いして死にます。あとみんなどうなるんだろう、、、バラバラにされるのかな、、、カニバリズムでもないので意図がわからないけれどきもい快楽殺人者たちっていうことはわかった。続編は兄の顔のあざの理由やレザーフェイスが何故言葉に不自由なのかなどバックグラウンドがわかるのかしら?だったら是非観たいな。なんだあのジジイ、指舐めるところ死ぬほどきもかった。おじいちゃんもうちょっと元気で生きて!え、待って、トラックのおばちゃんもやばいやつだったの?なにゆえ!でも助かってよかったよかった。サリーの最後血まみれで笑うの頭おかしくて最高だった!ちゃんと治療しなね!あと、晩餐のところの目のズーム、目の色もあってかすごく綺麗だった。叫び声聞きすぎてハッピーな映画観たいです。金字塔らしいけれど残念ながらあまりワクワクもドキドキもしなかったのでこの評価で、、、