続・夕陽のガンマン/地獄の決斗の作品情報・感想・評価

「続・夕陽のガンマン/地獄の決斗」に投稿された感想・評価

のん

のんの感想・評価

5.0

イーストウッドが超絶かっこいい!
この映画の登場シーン、ストローハットにダスターコート姿、目がくらくらします…
そして途中、ダスターコートを瀕死の若い兵士にかけてあげるとポンチョ姿に!!
出来上がったガンマン姿。
はぁ~、ほれぼれ。
砂漠を歩いてへろへろな時でさえ何気にお洒落なシャツで他のならず者達と一線を画す(v´∀`*) イエーイ♪


イーストウッド、リー・ヴァンクリーフ、イーライ・ウォラック3人それぞれ「いい奴」「悪い奴」「汚い奴」ってキャラクター付けされた賞金稼ぎとお尋ね者に扮し、隠された20万ドルをめぐって騙し合い、奪い合い、殺し合う。

イーライ・ウォラックのキャラクターが面白くてたまらないし、立場がくるくる変わって、2時間40分の長さを感じない!

あー、面白い\(^o^)/
おかい

おかいの感想・評価

5.0
かっこよすぎる
Hagiwara

Hagiwaraの感想・評価

4.5
クリント・イーストウッド主演、ドル箱三部作の三作目。
アメリカ南北戦争を背景に、卑劣漢のトゥーコ、悪玉のエンジェル、善玉のブロンディの三者による、だましだまされの駆け引きによる大金争奪戦。
前作のモーティマー大佐のリー・ヴァン・クリーフが、今作では悪玉エンジェルを演じている。今回は悪のカリスマという感じ。
そして卑劣漢、人間の欲とエゴの塊のワルい奴だが、どこか憎めないトゥーコ役のイーライ・ウォラックがとても魅力的だ。全体的に無口なキャラが多い中、コメディ・リリーフのトゥーコの存在が全体の印象を引っ張っている。
善玉のブロンディは言うほど善玉でもなくw、因果応報というかなんというか・・・

銃撃戦や一切台詞の無い間の緊張感と、粋なセリフと垣間見えるキャラの心情、緊張と弛緩のバランスもイイ。この感じ、ジョニー・トーと共通すると思ったら、セルジオ・レオーネもジョニー・トーも黒沢明に影響されているから当然か。
すきだった
いの

いのの感想・評価

-


えへん。
前2作に比べ、スケールがたいそう大きくなって、馬の数も大砲の数も桁違いに!
最近になってようやく、この「ドル箱3部作」を観始めたばかりだというのに、この映画を観ながら、「レオーネ監督、ホント良かったっすね!」などと、なにげにエラそうに感慨深く思ってしまうのも、金欲と生存本能のおもむくままに生きているトゥー子に、たいそう影響を受けたからだと思う。




悲惨な南北戦争
おびただしいまでの墓所の数
そこにモリコーネ大先生の 情感たっぷりの音楽
探しものは何ですか 見つけにくいものですか
その 見つけにくい探しものを求めて
走る走る 俺たち(の代表トゥー子)
流れる汗も そのままに
そしてそのトゥー子に伴走して
走る走る 俺たち(のカメラ)
いつかたどり着いたら
金貨のありかも わかるだろう
圧巻の 胸が熱くなる場面でした
あなたから私への 愛のサインは
それはそれは 奥ゆかしく 泣けました


それから、この映画は「善玉」と「悪玉」と「卑劣漢」の物語だということですが、「大クソ野郎」と「大大クソ野郎」と「大悪党」の物語だということもできます。誰がどれにあたるのかは、よく考えてみないとわからないです。はい。



さあ、このクソみたいな世界を、わいもまだまだ生きるぜ!



おことわり
許可を得ず勝手に3曲の詩を混ぜましたbyトゥー子


(これから、黒い心が出てきた時には、なんでもトゥー子のせいにして生きてゆきます笑)
りな

りなの感想・評価

4.8
最高傑作
tyapioka

tyapiokaの感想・評価

3.7
記録整理。渋い。無敵のヒーローではなく、人間味がある。
うまる

うまるの感想・評価

3.5
西部劇と戦争映画が同居してる。

ちょっと長く感じた。
>|