続・夕陽のガンマン/地獄の決斗の作品情報・感想・評価

「続・夕陽のガンマン/地獄の決斗」に投稿された感想・評価

のん

のんの感想・評価

5.0

イーストウッドが超絶かっこいい!
この映画の登場シーン、ストローハットにダスターコート姿、目がくらくらします…
そして途中、ダスターコートを瀕死の若い兵士にかけてあげるとポンチョ姿に!!
出来上がったガンマン姿。
はぁ~、ほれぼれ。
砂漠を歩いてへろへろな時でさえ何気にお洒落なシャツで他のならず者達と一線を画す(v´∀`*) イエーイ♪


イーストウッド、リー・ヴァンクリーフ、イーライ・ウォラック3人それぞれ「いい奴」「悪い奴」「汚い奴」ってキャラクター付けされた賞金稼ぎとお尋ね者に扮し、隠された20万ドルをめぐって騙し合い、奪い合い、殺し合う。

イーライ・ウォラックのキャラクターが面白くてたまらないし、立場がくるくる変わって、2時間40分の長さを感じない!

あー、面白い\(^o^)/
plaski

plaskiの感想・評価

4.5
マーチンカレッジにて。
登場人物に“良い人”なんて出てこねえ。
くそ甘フェイスのクリントと猫の触れ合い。
‖レンタル‖
相変わらずイーストウッドの目のシワがかっこいい。上田晋也のシワとは大違い。
イーストウッドと上田晋也は何が違うんだろうか。
銃の操縦が違う、渋さの方向性が違う、何より顔が違う。
色々と違うことが良く分かる。

善玉(クリント)、悪玉(リーヴァン)、卑屈男(ウォラック)のキャラが完璧。
クリントはひたすらかっこいい。
え?と思うような残酷さもあるけど、やっぱり優しい。
リーヴァンは地味に悪いやつ。多分こうゆうのが1番たち悪い。でもあのカマキリ顔は憧れます。
ウォラックは、どうしようもない。
でも信仰深くてアホなのが憎めなかった。忍術ばりの速さでお祈りするのがシビれる。

終盤のイーストウッドがタバコあげるシーンはたまらんなぁ。あんな男になりたい。
そして何と言っても決闘だよね。
高揚感、緊張感ハンパない。
『荒野のガンマン』はかっこいいけど内容が薄いように感じた。でも今作はかっこいい上に内容もバッチりだった。大満足。
ペイン

ペインの感想・評価

5.0
久々に観たらちょっとどうかと思うくらいの面白さだった。

オアシスのノエル・ギャラガーやクエンティン・タランティーノ、マシュー・ヴォーンなどが生涯ベストムービーに選んでいる作品。

ホドロフスキーの『エル・トポ』にもこの映画とまんま同じのショットがあったり、タランティーノ映画でも演出法がそのまま引用されていたり、この作品が映画史に与えた影響は計り知れない。

このエンニオ・モリコーネによるスコアより優れた映画音楽ってこの世に存在するんでしょうか?ないでしょうね(笑)

脚本も全く隙なしでエンターテイメントとしても尋常じゃない面白さなのだが

さらに南北戦争までもきっちり背景に描いている。

また“神と悪魔に翻弄される人間”という構図に、人間の行く末までも描いたどこまで深い味わいの超名作。
『サッドヒルを掘り返せ』を見るために鑑賞。
3人の男が協力したり裏切ったりして、サッドヒル墓地に埋められた20万ドルの隠し金貨を目指す。
西部劇とは思えないような、南北戦争の壮大な戦闘シーンもあり、かなり楽しめる。
が、3時間は長い…。
今の映画と比べると、テンポが遅い。間が長い。
「1つ1つの動作をそんなゆっくりやるか?」と思ってしまう。
銃に弾丸をこめるのも、タバコに火をつけるのも、遅い。
せめて2時間半ぐらいまで縮めて欲しかった。
トライアングルマッチ以外はそんなに響かんかった。イーストウッド、リーヴァンクリーフがかっこ良すぎで、彼ら二人の活躍が見られて満足。
そして汚い男もかなりいいキャラ。
汚い男は自分の死の間際ですら汚い。が憎めなさがありそれをイーストウッドとともに見つめる。
そして原題はそのまま良い男、悪い男、汚い男なんですなー。
para

paraの感想・評価

5.0
all time
>|