続・夕陽のガンマン/地獄の決斗の作品情報・感想・評価

「続・夕陽のガンマン/地獄の決斗」に投稿された感想・評価

のん

のんの感想・評価

5.0

イーストウッドが超絶かっこいい!
この映画の登場シーン、ストローハットにダスターコート姿、目がくらくらします…
そして途中、ダスターコートを瀕死の若い兵士にかけてあげるとポンチョ姿に!!
出来上がったガンマン姿。
はぁ~、ほれぼれ。
砂漠を歩いてへろへろな時でさえ何気にお洒落なシャツで他のならず者達と一線を画す(v´∀`*) イエーイ♪


イーストウッド、リー・ヴァンクリーフ、イーライ・ウォラック3人それぞれ「いい奴」「悪い奴」「汚い奴」ってキャラクター付けされた賞金稼ぎとお尋ね者に扮し、隠された20万ドルをめぐって騙し合い、奪い合い、殺し合う。

イーライ・ウォラックのキャラクターが面白くてたまらないし、立場がくるくる変わって、2時間40分の長さを感じない!



あー、面白い\(^o^)/
The Ugly ことトゥーコが1番現実味のあるキャラ
The good と The ugly が仲間になるところがピークかな。

橋の戦闘いる?
オープニングの銃の発砲と共に音楽が流れるところとその音楽がイングロリアスバスターズの第1章に似てる。タランティーノが自分で第1章はマカロニっぽいって言ってたのはここのこと?
パイレーツ
すざ子

すざ子の感想・評価

4.5
おもしろ!
くどい方にはくどいかも知れませんが断っておきます。

続 となってますが、前作との直接的な繋がりはありません。
なんならおそらく時代は前作よりも前の設定。
じゃ、なんで続?
ウエスタン映画の邦題あるある①

でも、銃声でのタイトル出しなど、オープニングは一緒。

始まってから10分近くセリフがねぇ。
そんな必要?と思うぐらいドアップにしたショットの応酬。
ムダな長さ(褒め言葉)笑

など、
前作よりも、レオーネ監督の作風!感が強いです。

主演は3人。
リーヴァンクリーフ扮するエンジェル。
今回は前作のようなカッコよさゼロ。
女にも手をあげるただの悪党。

イーライウォラック扮するトゥーコパシフィコ。
これもクズ。
閉店したばかりの店に押し入って拳銃やら現金やらパクる。やることジャイアン。
ただなぜかにくめない。ウエスタン映画あるある②

そして我らがイーストウッド扮するブロンディ。
作品内で、
「善玉!」どーーーん!
みたいに紹介されてますが、一切良いヤツではない。
でもいいんです。
カッコいいから笑

ざっくり言うと、この3人が隠された大金を奪い合うストーリーですが、なぜざっくりかと言うと、途中までそんな話でもなく色々変わって、「あれ?結局どんか話だっけ?」と、ちょっと不安になるから。
ウエスタン映画あるある③

まぁ、とにかくみんなしぶといです。

拳銃で脅されようが、捕虜になろうが、拷問されようが、捕まろうが生きる。

終盤のポンチョを手に入れるシーンはちょっと( ;∀;)です。

そして、ウエスタンと言ったら!の、
ラストの決闘シーン!!

長い長〜いにらみ合い

からの。

ま、ご覧ください(^^)

あとは、今作を名作に押し上げているゆえんは確実に巨匠モリコーネの音楽。

ボクの観てきたウエスタンで1番好きな音楽。
ホントカッコいい。これぞウエスタン。

再鑑賞して3日ほど経ちますが、1人で歩いていると頭で流れている音楽はアレ。
※観た方、アレです笑

いかんいかん。
昔から密かにフィルマークス内であまり人気がないウエスタンの人気を底上げしたいのに、ボクの文章力だとやはり、面白さが伝わらない…(>人<;)
もっと絶大な影響力のある方がレビューしてくれれば…(他力本願)(´-ω-`)
dai

daiの感想・評価

3.9
マカロニウエスタンの金字塔!
夕陽が空を真っ赤な血の色に染める頃、さすらいの口笛が聞こえてくる!
三つ巴の闘いの行方は!
the goodのクリント・イーストウッドがカッコいいのはご存知の通りなのだけど、今回は敵役the badのリー・ヴァン・クリープもカッコいいんです!
ラストまでハラハラドキドキの展開で楽しめました。
そういえば韓国映画にもこれに似たタイトルで、「the good. the bad.the weird」2008年イ・ビョンホン、ソン・ガンホ、チョン・ウソンも面白いですよ。
YF

YFの感想・評価

3.5
長すぎて途中で何度も眠くなったけど、ラストはイーストウッドのかっこよさが痺れるな…あんなポンチョが似合う人もいないよ
あの橋の上に一点集中されちゃう兵隊がなあ。川に落ちたりするならまだしも。
高田A

高田Aの感想・評価

5.0
レンタル期限が迫っており、一人で観る時間がなかったため、家族と夕飯時に鑑賞

最初は西部劇に馴染みのない母が文句を言っていたが、映画が終わる頃には「結構面白かった」とか言う始末

無駄に撃ち合うシーンとかは無く、適度に笑えるシーンもあって、西部劇が苦手な人でもかなり楽しめる映画だと思う
>|