Aika

恋の手ほどきのAikaのレビュー・感想・評価

恋の手ほどき(1958年製作の映画)
3.6
MGMミュージカル最期のアカデミー作品賞受賞作。その他ノミネート部門も全て制覇したミュージカルの黄金期を象徴する作品。

20世紀初頭のパリが舞台の「マイフェアレディ」
いかに魅力的な女性になりお金持ちの愛人になるか。それが女性のしあわせという価値観にはさすがに時代を感じます…

見どころは実際にパリでロケをしたという豪華絢爛な衣装に調度品。凄腕の大叔母様のジュエリーケースから、ご自慢の宝石を出して授業するシーンはうっとり…♡

当時20代後半ながらお得意のダンスを封じお転婆なティーンエイジャーを違和感なく演じたレスリー・キャロンと、大富豪で結婚不審なお坊っちゃまのルイ・ジュールダンは、すれ違いすら微笑ましくて可愛いらしいカップルだったけど、ルイの叔父を演じたモーリス・シュヴァリエがとってもイケオジで私は彼に夢中!
気儘な生涯プレイボーイで、元カノとも粋なお茶会をしちゃう余裕っぷり。空の色が徐々に変わるように、ふたりの関係をなぞらえたミュージカルシーンが一番好き。

つい口ずさんでしまうような印象的な曲がないのが残念だけど、古き良き時代のミュージカルが観たくなったときにお勧めです。
邦題もすてき!