Aya

セルラーのAyaのレビュー・感想・評価

セルラー(2004年製作の映画)
3.4
めちゃくちゃ豪華じゃん!!
ステイサムが出てるならちゃんと言ってよ!!

あと、クリエヴァがいきなり上半身裸で出てくることも大変重要なので、作品紹介の一番最初に書いといてくださいよ!!

びっくりしたじゃん!
相変わらず、すごいパイオツである。

「高校の時、生物で習わなかった?上腕部の動脈、人体の中で5本しかない・・・1分間で30リットル出血するの・・・許して」

のキム・ベイシンガーの名台詞が有名ですね!

キム・ベイシンガーがステイサム率いる強盗に押入られて、監禁される。
そこには電話が置かれていたが、ステイサムが叩き割る。
かろうじて電極をつなげ、偶然繋がったのが元カノとヨリを戻したいクリエヴァ(なんかいつも女に縁がなさすぎだろw)。

最初は相手にしないものの、彼女の状況を徐々に把握し、警察に行くが、暴動が起きたり、強盗殺人課に行こうとすると電波が途切れてしまいそうで、なかなか訴えられない。

そこで正義の味方、キャプテン・アメリカ自らがキム・ベイシンガーの家族を救うため立ち上がる!!

わりと展開が早めにサクサク進む。

ステイサム映画なので結構見応えのあるカーチェイス、カーアクションシーンがあります。

ポスタージャケットの監禁部屋からキム・ベイシンガーが電話をかける、ってのがキーではあるんだけど、電話を通して遠隔で話が進むのが構成がうまくできてるから、意外にも場所やキャラクターの関係性がコロコロ変わるので結構動く映画です。

電話から始まり、電話で終わるのもいいし、ラストもハッピーな感じでした。

ちなみに使っていたセルラーはNOKIA。

あと、すいません。
ステイサムが金網にキャップを押し付けたりして痛めつけるシーンがちょっとエッチだと思いました。
ほんますいません。