USK

別離のUSKのレビュー・感想・評価

別離(2011年製作の映画)
4.7
思った以上に観やすくてビックリ。全く馴染みの無いイラン映画なのにかなり引き込まれた。

イランのテヘランに住む夫婦。彼らには11歳になる娘がいた。
妻シミンは娘の教育のために外国へ移住するつもりでいたが夫ナデルはアルツハイマーを患う父のためテヘランに残ると言いだす。ある日、ナデルが不在中、介護人のラジエーが父をベッドに括り付け出かけてしまい、ナデルが帰ると父は意識を失っていた。介護人のラジエーを追い出してしまうがその夜、ラジエーが入院し流産したとの知らせが入る。

”負の連鎖”のような映画でしたが、最後まで退屈せず観ることができました。

古い作品と思っていましたが2011年公開のかなり新しめな作品でした。これからのイラン映画が楽しみです。