うめっぴ

別離のうめっぴのレビュー・感想・評価

別離(2011年製作の映画)
4.0
娘の将来を想い離婚してでも国外移住を考える妻と、アルツハイマーを抱える父親を置いてはいけないという夫。夫婦の意見は平行線を辿る中、介護のために雇った家政婦を巻き込んで思わぬ事態へと発展する。

終始重苦しい映画でした。

恥ずかしながらイランと聞いて、中東にあるイスラム国家ということ以外イメージできなかったのですが、とても引き込まれたし、考えさせられました。

宗教と貧困に絡めて介護の厳しさや、離婚に巻き込まれる子どもの問題。ありふれたテーマが確かなリアリティをもってのしかかってきます。

宗教的に嘘が許されない環境の中、みんながよかれと思って吐いた嘘が、事態を混乱させていく。真実は一体なんなのか、ミステリーとしても巧みな構成でした。

冒頭のやりとりから繋がるラストシーンも素晴らしい。

後味は悪かったけど、2時間があっという間に感じられる傑作だと思います。