Shuu

キャスト・アウェイのShuuのレビュー・感想・評価

キャスト・アウェイ(2000年製作の映画)
4.0
トム・ハンクスが "映画史上屈指の名演技を見せた" ( ニューヨーク・ポスト紙 ) と絶賛された本作。国際宅配便会社フェデックスのシステムエンジニアであるチャック・ノーランドは、突如として平穏な生活を奪われる。飛行機事故に巻き込まれ、絶海の孤島に取り残されてしまったのだ。

主演: トム・ハンクス, ヘレン・ハント, ニック・サーシー
監督: ロバート・ゼメキス

何と言っても、" トム・ハンクスの演技力の凄まじさ " が全面的に出ている映画だったなと思いました。今までに、『ターミナル』や『ブリッジ・オブ・スパイ』を観てきましたが、僕個人の中では1番とても良い意味で強烈な映画でした。劇中での印象的なシーンは、ノーランドとウィルソンによる人生において先の見えない孤島でのシーンです。あんなに愛されるバレーボールが世界中のどこにあるでしょうか。あと、孤島に流されてからいつでもどこでもノーランドと一緒に運命を共にしてきたウィルソンとの別れも切なかった。涙が出そうになりました。人でもなく、ただのバレーボールなのにね。復帰してからのノーランドの運命も切なく描かれていて、胸が痛かったです。

< トム・ハンクスの演技力とウィルソンのとてつもない宣伝力を震え上がるほどに魅せられた作品 >