軽率

予期せぬ出来事の軽率のレビュー・感想・評価

予期せぬ出来事(1963年製作の映画)
3.5
霧で飛ばない飛行機を待つ、VIPルームの人々の群像劇。たぶんメインは駆け落ちカップルとその夫なんだけど、会社が危機な社長&片思いしてる秘書のパートがツボ。ちょっと俯いて幸せそうに唇に手を当てるマギー・スミス…可憐でキュートで、キュンとした。
買収しようとする夫にたいしてのジゴロのセリフがなかなか。「施しは殺し屋だ 寛大な小切手も。それは(あんたの)プライドを殺す。」