おいも

プリティ・ウーマンのおいものレビュー・感想・評価

プリティ・ウーマン(1990年製作の映画)
3.1
ジュリアロバーツの娼婦姿が底辺感醸し出してるけど
それからの巻き返しがすごい。
どんどんきれいな女の人になってく!!ジュリアロバーツほんとーに美しい。。。


結局のところ女は顔とスタイルで男は金もってるやつがシンデレラストーリー築き上げまっせ〜

個人的な感想としては
ジュリアロバーツが娼婦脱したのは、自分の努力というよりかは、男の人(金持ち)に見初められたからという部分に滞りを感じる。
私は、いつか王子様が〜〜っていう内容の映画よりも、自分の努力で世界を切り開いてく女の人を主人公にした映画(例えばプラダを着た悪魔)のほうが好きだなと感じた作品でした。


ジュリアロバーツの美しさに☆3つ