RM

ティファニーで朝食をのRMのレビュー・感想・評価

ティファニーで朝食を(1961年製作の映画)
3.5
オードリーヘップバーンの美しさに見惚れてあっという間にストーリーが進んでいって、おわった。

ホリーでもルラメーでもなくて名無しのお嬢様気取りの破天荒な生活ってかんじ

わがまま、活発、泣き姿、気分屋、全てがオードリーヘップバーンそのものに近いんじゃないかって思いました。というかオードリーヘップバーンは役の中で自分を出すのが特級に上手い女優のようです

刑務所でてからのタクシーの景色の合成感が1番残念…

ユニヨシで描かれる日本のイメージがなんか歪んでいて悲

ネコ…ラブ…