山田にーち

山田にーちの感想・レビュー

ティファニーで朝食を(1961年製作の映画)
3.0
ふるきよきアメリカ映画。惚れた男は弱いんやで…というのがよく分かる作品です。とりあえず毎回観て思うのが序盤に出てくるホリーが着けてるティファニーブルーのアイマスク、あれ超欲しい!

男性が観るのと女性が観るのとで、これほど印象が変わる映画も珍しいんじゃないかなーと思います。若いころは何度見てもオードリー演じるホリーに、なんなんだこの女は!と終始イライラしっぱなしだったのですが、時が経つとホリーの猫みたいな気まぐれさとわがままさとかわいさと自由奔放さが凄く魅力的で、変な清々しさまで感じるようになりました。これだけぶっ飛んだ役なのに本気で嫌いにはなれない、そう感じさせるのもオードリーの凄さなのかなーと思います。

「いいのよ、バカな方が得することだってあるんだし」ってホリーの言葉が好き。
楽そうなスウェット着て頭にタオルを巻いて窓際でムーンリバーを歌うシーンが大好きです。二人でやったことないことを一日かけてやっていくシーンも微笑ましてくて良いんですよねー、今映画にしたら色んな所から怒られちゃいそうなシーンもありますけども!

観てる方も歳をとる毎に印象が変わっていくいい映画だなーと思います。
あとは作品中にこれでもかというほどティファニーブルーが出てくるので、セブンティーンアイスのチョコミントが好きな人にもおすすめ!