ティファニーで朝食をの作品情報・感想・評価

ティファニーで朝食を1961年製作の映画)

BREAKFAST AT TIFFANY'S

製作国:

上映時間:114分

ジャンル:

3.7

「ティファニーで朝食を」に投稿された感想・評価

kazu1961

kazu1961の感想・評価

3.8
「ティファニーで朝食を」
原題「Breakfast at Tiffany's」
1961/11/8公開 アメリカ作品 2018-043
再鑑賞

オードリーにしては際どい役柄ですよね。
当初はマリリン・モンローに主演のオファーがあったようで、14歳でテキサスの田舎で結婚し、自由を求めてニューヨークで娼婦まがいの生活をする、女性の役なのです。でも結論から言うとオードリーならでは妖精力が際立って、この作品が都会的なラブファンタジーとして成立したんですよね。
やはりオードリーが演じたからこそ、お金に執着する悲哀、そして愛の大切さが見事に描かれたんでしょうね。
そしてヘンリー・マンシーニの「ムーンリバー」この美しく、哀愁を帯びたメロディがあって、この作品がより活かさせれいるんだと思います。
この時オードリー33歳、やはりキュートで美しいですね!!
ティファニーのサービスもこころに沁みますね。2017年には5番街本店に映画にちなんでカフェスペースがオープンしましたね!!

トルーマン・カポーティの同名小説をオードリー・ヘプバーン主演で映画化した不朽の名作ラブストーリー。ニューヨークのアパートで猫と暮らしている娼婦ホリーは、宝石店ティファニーの前で朝食のパンを食べるのが大好き。ある日、彼女のアパートに作家志望の青年ポールが引っ越してくる。自由奔放で不思議な魅力を持つホリーに次第にひかれていくポール。ところが、テキサスからホリーの夫が彼女を連れ戻しにやって来て……。監督はブレイク・エドワーズ、主演はオードリー・ヘプバーン、共演はジョージ・ペパード。ティファニーに資本主義の繁栄を象徴させて自由の貴重さを描いてみせるトルーマン・カポーティの原作とは異なり、映画は主人公と語り手の作家との恋を中心に描いている。
be

beの感想・評価

3.5
こんな可愛い女現実にいるわけないじゃんよぉ〜!
キレそう、好き。
こりん

こりんの感想・評価

3.6
オードリーヘップバーン可愛いから見る価値はあるんだけど、ストーリー等ひっくるめて考えると好きな映画とは言いがたい
最首

最首の感想・評価

2.7
オープニングからムーンリバー。オードリーヘプバーンらしさのある作品でした。
オードリー・ヘップバーンのオードリー・ヘップバーンによるオードリー・ヘップバーンのための映画。

#リンカーン映画
みづき

みづきの感想・評価

3.6
映画全体の雰囲気がすごく素敵
オードリーが可愛いくて自由奔放な主人公がとても愛らしく思えて、なんともロマンチックな映画だった
かみ

かみの感想・評価

3.7
オードリーヘプバーンを見るために鑑賞
ローマの休日とは全く違い、純粋なお姫様ではなく男を弄ぶ役だった。
ティファニーに10ドルで買えるものあるんかい!ってのが一番の驚き笑
60年代のドルの価値を知らないからなんとも言えないけどダイヤル回し6ドルなの?
もずく

もずくの感想・評価

4.0
当時、黒い服はお葬式の時の服としか考えられてなかったのに、オードリーヘップバーンがこの作品で黒いワンピースを華麗に着こなし、「黒服=かっこいい、オシャレ」という現代にもつながる通念を生み出したそうです。本当に似合ってて可愛いです。
2018.12.09 Hulu
akn

aknの感想・評価

3.0
オードリーヘプバーンがきれい。話し方がかわいい。持っているものとかインテリアが魅力的。でもいろいろ考えると後味さっぱりという感じではなかった
>|