ティファニーで朝食をの作品情報・感想・評価

「ティファニーで朝食を」に投稿された感想・評価

kazu1961

kazu1961の感想・評価

3.8
「ティファニーで朝食を」
原題「Breakfast at Tiffany's」
1961/11/8公開 アメリカ作品 2018-043
再鑑賞

オードリーにしては際どい役柄ですよね。
当初はマリリン・モンローに主演のオファーがあったようで、14歳でテキサスの田舎で結婚し、自由を求めてニューヨークで娼婦まがいの生活をする、女性の役なのです。でも結論から言うとオードリーならでは妖精力が際立って、この作品が都会的なラブファンタジーとして成立したんですよね。
やはりオードリーが演じたからこそ、お金に執着する悲哀、そして愛の大切さが見事に描かれたんでしょうね。
そしてヘンリー・マンシーニの「ムーンリバー」この美しく、哀愁を帯びたメロディがあって、この作品がより活かさせれいるんだと思います。
この時オードリー33歳、やはりキュートで美しいですね!!
ティファニーのサービスもこころに沁みますね。2017年には5番街本店に映画にちなんでカフェスペースがオープンしましたね!!

トルーマン・カポーティの同名小説をオードリー・ヘプバーン主演で映画化した不朽の名作ラブストーリー。ニューヨークのアパートで猫と暮らしている娼婦ホリーは、宝石店ティファニーの前で朝食のパンを食べるのが大好き。ある日、彼女のアパートに作家志望の青年ポールが引っ越してくる。自由奔放で不思議な魅力を持つホリーに次第にひかれていくポール。ところが、テキサスからホリーの夫が彼女を連れ戻しにやって来て……。監督はブレイク・エドワーズ、主演はオードリー・ヘプバーン、共演はジョージ・ペパード。ティファニーに資本主義の繁栄を象徴させて自由の貴重さを描いてみせるトルーマン・カポーティの原作とは異なり、映画は主人公と語り手の作家との恋を中心に描いている。
あばよ

あばよの感想・評価

4.7
ニューヨーク行きの飛行機で急いで履修したんですが見終わるころには涙腺も精神もぐずぐずになっていた……大好き……
結構前に村上春樹の翻訳で原作を読んでてほとんど忘れてたんだけどオチはこんな感じじゃなかった気がする。確かホリーはアフリカに行くんじゃなかったっけな。

支離滅裂でときにヒステリックな行動を取るヒロインだけど、すべては矛盾で引き裂かれそうな臆病な自分を守るため。いろんな男にコケティッシュにアピールしてその気にさせながらも、本当に向き合うことになったらするりと知らないふりをして逃げ出してしまう。それは誰かに縛られたり所有されたくないという気持ちがあるから。だけど、女として早くどこかに落ち着いてしまいたいという気持ちもあって、ホリーは常にこの間を激しく移動している。
ホリーは自分の価値が、ティファニーのように誰かを飾り立てる宝石でありステータスであり、それが外見や女に基づいているものでしかないということも知っている。それが永遠に続くものではないと受け入れながら、それを利用する強かさも持っている。だからこそホリーは本当の才能というものに焦がれていて、小説家のポールを手に入れたいと思う。空っぽの自分に気がつくのが怖いから。若さと外見しかない自分に気がつくのが怖いから。本妻ではなく所詮妾で終わってしまう自分の無価値さに気がつくのが怖いから。
心配している人がいるのに身体的に縛られるのが嫌で田舎にも帰ることができない。精神的に縛られるのが嫌で誰かひとりの恋人をもつこともできない。ホリーが恋人を持つときはホリーがホリーじゃなくなるとき。
でも、なにも気まぐれに狂人のようにホリーは暴れ回っているわけじゃない。彼女の行動は矛盾による葛藤と反動で形成されていて、その心を思うだけで胸が震えてくる。だからこそ今まで男に選ばせていたホリーが初めて自分からポールと自分の人生を選んだ瞬間は鳥肌が立つほど涙が出る。猫と自分を重ね、ポールに身を委ね泣きわめくシーンは、とにかくもう、今まで苦しかったね、こわかったよね、よかったね、という気持ちでいっぱいになる。

ちなみに五番街のティファニーも実際に行って中にも入ってきたけど、店の前に立ってたハンサムのことしか覚えてないです。
jucson

jucsonの感想・評価

3.4
とにかくオードリーが可愛すぎる。
好きです。

役のキャラはちょい頭おかしい女の子だけどあんだけ可愛ければ多少変な子でも万人に許されるでしょう。笑

女性はこの映画でファッションも素敵に映るだろうし、古き良き映画という総評で間違いないと感じました。
bebe

bebeの感想・評価

3.5
街おしゃれ&オードリー可愛い。
いつかこのNYのティファニーの店訪れてみたい。
※鑑賞記録用
オードリーが可愛いだけの映画
あんな

あんなの感想・評価

4.0
ローマの休日より色々考える映画だけど、ローマの休日の方が好き。
こん

こんの感想・評価

3.2
ちょっとメンヘラっぽいけどかわいいし惹かれちゃうのかな??
くぼち

くぼちの感想・評価

3.7
オードリー・ヘップバーンはかわいかったけどホリーは好きになれなかったなぁ。
「今までしたことないことをしよう」っていうデートシーンは観ていて楽しかったけど。
>|