ティファニーで朝食をの作品情報・感想・評価

「ティファニーで朝食を」に投稿された感想・評価

kazu1961

kazu1961の感想・評価

3.8
「ティファニーで朝食を」
原題「Breakfast at Tiffany's」
1961/11/8公開 アメリカ作品 2018-043
再鑑賞

オードリーにしては際どい役柄ですよね。
当初はマリリン・モンローに主演のオファーがあったようで、14歳でテキサスの田舎で結婚し、自由を求めてニューヨークで娼婦まがいの生活をする、女性の役なのです。でも結論から言うとオードリーならでは妖精力が際立って、この作品が都会的なラブファンタジーとして成立したんですよね。
やはりオードリーが演じたからこそ、お金に執着する悲哀、そして愛の大切さが見事に描かれたんでしょうね。
そしてヘンリー・マンシーニの「ムーンリバー」この美しく、哀愁を帯びたメロディがあって、この作品がより活かさせれいるんだと思います。
この時オードリー33歳、やはりキュートで美しいですね!!
ティファニーのサービスもこころに沁みますね。2017年には5番街本店に映画にちなんでカフェスペースがオープンしましたね!!

トルーマン・カポーティの同名小説をオードリー・ヘプバーン主演で映画化した不朽の名作ラブストーリー。ニューヨークのアパートで猫と暮らしている娼婦ホリーは、宝石店ティファニーの前で朝食のパンを食べるのが大好き。ある日、彼女のアパートに作家志望の青年ポールが引っ越してくる。自由奔放で不思議な魅力を持つホリーに次第にひかれていくポール。ところが、テキサスからホリーの夫が彼女を連れ戻しにやって来て……。監督はブレイク・エドワーズ、主演はオードリー・ヘプバーン、共演はジョージ・ペパード。ティファニーに資本主義の繁栄を象徴させて自由の貴重さを描いてみせるトルーマン・カポーティの原作とは異なり、映画は主人公と語り手の作家との恋を中心に描いている。
YuriNoda

YuriNodaの感想・評価

3.0
オードリーが綺麗すぎて話が入ってこなかった…
どんな角度から見ても可愛い、綺麗。
名作なだけあって話はつまらん…
けどオードリーが可愛いすぎてついつい
最後まで見ちゃう。

ちょくちょく出てくる日本人がおもろい。
そんなイメージ?🤔
し

しの感想・評価

-
・最初から最後までただひたすら可愛い。

・ねこも可愛いけどちょっとかわいそう。(笑)

・ティファニーはすてきなお店なんだなというのが分かった。



けんかしてああいうこと言われたあとに仲直りして、しこり残らんのかなあ…🤔
記憶に残らないんですよね、何回か観た作品なハズなんですけど…。

ただただオードリーが可愛いそんな作品。

ストーリー的にはむちゃくちゃですよ、本当に。薄っぺらいなーと思うんですが…。
とんでもない女なんですが、それがオードリーの笑顔と天真爛漫さで全てを補うとゆーオードリーあっての作品です。
あれれ?名作なはずでは??

私がアメリカが嫌いなのはこういうところなんだよな…
出てくる人間はみんなめちゃくちゃ資本主義的な、欲の権化

美貌、お金、短絡的な快楽、外側の価値を求めて何が悪いといった、あの開き直り方

それもこれも、2人のやる事なす事、筋が通ってないし、人間的な魅力を感じられなかったせい。
そこを補完するホリーの生い立ちの設定もとってつけたような口頭説明で、最後まで2人とも人間に見えなかった。

お金じゃないよ、愛だよ、
ではなく
お金じゃないよ、見た目だよ、
というメッセージみたいに感じてしまった

当時、あまりにもお金がないと幸せになれないという価値観が蔓延していて、「お金じゃなくて愛だよ」と言ってくれた映画が他になく、お金がない人たちがこの映画で救われたのかな?と推測します。
K

Kの感想・評価

1.1
寝ちゃう
小林

小林の感想・評価

3.9
名作と呼ばれるだけあった
ムーン・リバーは泣ける
キャラクターに自身の素性や内面を語らせない工夫が垣間見える
この役はオードリーだからこその説得力
Mちゃん

Mちゃんの感想・評価

2.3
うーん、イマイチだった
かなぁ( ´・ω・`)

オードリーヘプバーンは
ものすごくかわいかった☺️
ほんとうに永遠の美人だなぁ
>|