ケン

ブルーバレンタインのケンのレビュー・感想・評価

ブルーバレンタイン(2010年製作の映画)
3.6
Netflixにて、鑑賞。

ライアン・ゴズリング演じるディーンみたいな自分本位
な優しさと努力を押し付けてきて、受け入れられないとキレる人いますよね。でも子供には好かれるし、飼い犬が死ねば泣く。根は優しいのでしょう。でも、すぐイライラしてキレる。

こういうやつが実社会でも、1番厄介。こんなのと恋愛の延長で結婚しちゃったら、そりゃ面倒くさいですよ。

っといっても、戦後の日本のオヤジ達は、毎晩酒飲んで暴れて、お金も家に入れないし、愛人は作るし、女房子供は殴るしで、女房はそれでも別れなかったんだから生き地獄ですよ!

それに比べれば、まだまだあの映画の状況はマシなほうなのかも。

いや、あれはあれで悲惨だな。

フランキー役の女の子がすごく良かった。彼女には幸せになって欲しい。