4

ブルーバレンタインの4のレビュー・感想・評価

ブルーバレンタイン(2010年製作の映画)
-
恋愛の浮き沈み。
対照的な現在と過去が悲しい。
現在の時間は修復不可能な関係に向かって進み、過去の時間は二人が出会い愛し合う関係に向かって進む。この二つの時間が交互に映されることで恋愛の浮き沈みがはっきりとあらわれる。
二人の方向性の違いが少しずつ見えてくる。ライアン・ゴズリングは二人が向き合い家族が幸せになることを望み、ミシェル・ウィリアムズは二人が同じ方向を向いて進むことを望む。向こうとする方向の違いが二人の終わりを感じさせる。二人の違いから男女の違いまで考えてしまう。
結婚と離婚に向かう構成がすごく良かった。
青が印象的に使われるのと同じように、赤も愛し合う二人を象徴するように使われていた。
ライアン・ゴズリングが病院で暴れるシーンは観ているだけで苦しくなる。