デッドマンの作品情報・感想・評価

「デッドマン」に投稿された感想・評価

序盤★3.5 中盤★4 終盤★3.5

慈悲は人間の心臓を
憐れみは人間の顔を
愛は神聖な人間の姿を
そして平和は人間の衣服をつけているのだから
by ウィリアム・ブレイク

昔観た時はあまり理解できませんでしたが、
ウィリアム・ブレイクという名前が実在した詩人で画家だとは当時は知らず、
この人の詩や絵で有名というか自分が知ったのはトマス・ハリス著『レッド・ドラゴン』で、
これは映画にもなっていますが『羊たちの沈黙』の前作にあたる作品ですね。

映画内の表現で書きますがインディアンのノーボディ(ノーバディ)は、
大好きな映画ジャコ・ヴァン・ドルマル監督作『ミスター・ノーバディ』にも通ずる、
『Nobody』=『誰でもない』というのはなんかツボで、
音楽でも映画でもそうですが、
知識を得、経験を積み、年齢を重ね、想い出を刻み、その時の心境にぴったりとハマり、この作品を観る時期の旬は今だったように思います。

まあけど前より少し理解できただけで(笑)、
もう少しヒトとしてレベルアップして観直すと違う発見や感動がありそうですね。

2017年263本目(再見)
すー

すーの感想・評価

3.0
あまりにも詩的すぎてところどころうんってっなったけどまあ。不思議な世界感だったなあ、西部劇なんだろうけど色々な死生観が入り交じっている感じ。この頃のジョニーデップ別に演技が凄い下手って訳でもないけどカリスマ性がそこまであるかというとどうなんだろって思ってしまう。
真っ当だと思われるのがいちばん疲れる、たぶん

音楽いいな!
kei

keiの感想・評価

3.0
昔観た。
内容は覚えてない。
かぐ

かぐの感想・評価

3.0
ジャームッシュで寝るためのフィルム
Kanta

Kantaの感想・評価

4.0
ジャックスパロウ前日譚感。

イギーポップそんなところにいたのね
へい

へいの感想・評価

5.0
奥さんに逃げられ、職もなくなり、行きずりの女も殺され、胸に銃弾を撃ち込まれたひ弱な男、ウィリアムブレイク。
懸賞金がかけられ瀕死状態のまま、導き人ノーボディーと旅をする。

ノーボディーと旅をする中で、覚醒していくウィリアムブレイク。言葉ではなく、銃で語る。死ぬことが明確に決まった男の衝動的で冷淡な拳銃使いに惚れてしまう。

ニールヤングのギターの渋い曲がいい。
山賊役のイギーポップの気持ち悪い女装がめちゃくちゃ似合ってた。
バーテン役のスティーブブシェミの口髭の似合わなさ。
モノクロームの映画 で 残酷なのに 映像がセンス良く 淡々と最後まで楽しめた
ジョニー デップとネイティブアメリカンの逃走 最後は不思議な含みがあった。数年後また 観たくなりそう
りん

りんの感想・評価

4.5
本当に美しい映画。
それまでの西部劇の掟をこんなに見事に破った監督も本当に尊敬します。
パイレーツオブカリビアンなど個性的な役を演じる今のジョニーデップと違って、この映画では負のオーラ漂う神経質そうなジョニーデップが見れます。私はこっちの方が好きかもしれないです。
引用されるウィリアムブレイクの詩や、撃たれた罪のない子鹿に寄り添うシーン、どれもかけがえのないもので、素晴らしいです。
"ノーボディ"という名前も、日本語ではできそうにないユニークな使い方がされていてほんとに面白いです。
ただネイティブアメリカンに影響されまくるジョニーデップの演技がうますぎて、本当にネイティブアメリカンの血が入ってるんじゃないか?とか思ったり。
>|