クドゥー

ONE PIECE FILM Z ワンピース フィルム ゼットのクドゥーのレビュー・感想・評価

4.5
「Z戦士に挑む、海の男たち」

ワンピースフィルムとしての様式美を確立する劇場版第十二弾にして初の新世界編は、SWの集大成から一転、一人の男の生き様と死に様によって最後の海に待っている冒険の開始が告げられる。
伝説の海賊の次は伝説の海兵だと言わんばかりに、サノス然として途中まで主役を張り続けるZ先生、敗れても敗れてもタイマン勝負にこだわるルフィの2年間が主役の座をかっさらっていく。
真のワンピース体験への執念がすさまじかったSWと比べて、赤青黄色と絡めてきたりファンムービーのテイストが強くなっているが、ロリロリの実などオリジナルのセンスも素晴らしい。