Risa

火垂るの墓のRisaのレビュー・感想・評価

火垂るの墓(1988年製作の映画)
3.3
映像:⭐️⭐️⭐️
音楽:⭐️⭐️⭐️⭐️
ストーリー:⭐️⭐️⭐️
泣ける:⭐️⭐️⭐️
笑える:
怖い:
ためになる:

「昭和20年9月21日夜、僕は死んだ」というセリフから始まる衝撃的なジブリ作品。

太平洋戦争末期の兄と妹の物語。

この妹、節子が可愛すぎて、
だからなおさら、瘦せ細っていくのを見るのが辛くて………



1988年、『となりのトトロ』との同時上映ということで、内容とか雰囲気はだいぶ違うものの、どちらも兄弟姉妹の物語という点では共通してる!(たまたま?)


兄に久しぶりに会いたいな〜と思った今日この頃。笑