arataki

火垂るの墓のaratakiのネタバレレビュー・内容・結末

火垂るの墓(1988年製作の映画)
3.0

このレビューはネタバレを含みます

もう何度目の鑑賞か分からない。(少なくとも5回は鑑賞)

戦争をテーマにした映画は山ほどあるけれど、こうしてアニメーション作品で伝えることで実写とはまた違ったメッセージを感じる。

戦争によって両親を失い、孤児となった二人の兄妹。

途中で親戚の家から出て、二人で生きていく道を選ぶのだが。。
これはまだ大人になり切れていない青年(清太)故の選択だったと思う。

幼い節子を抱えて必死にもがく姿に胸は打たれるが、本当に苦しい時は、泣いてでも、すがってでも、大人や周りの人に頼るべき。

戦時中、戦後だからこそ、社会との繋がりを絶って生きていこうとした選択は間違っていた。

とは言え、兄が妹を思う気持ちもひしひしと伝わってくるのでなんとももどかしい。

節子がおはじきを舐めているシーンは忘れられない。

何度も観ることは必要ないかもしれないが、一度は観るべき作品。