アジャストメントの作品情報・感想・評価・動画配信

「アジャストメント」に投稿された感想・評価

CHARME

CHARMEの感想・評価

3.5

このレビューはネタバレを含みます

内容は面白かった。
大統領?選挙に出馬するが、落選してしまう。トイレで女性と出会い、一目惚れしてしまう。その女性のことを忘れられないが、運命調整員に彼女と会うなと宣告される。主人公の運命をすべて調整されてしまう。もし彼女と結ばれたら、どちらとも夢は叶わずに終わる。
一度は諦めたが、女が結婚することを知り、奪い取る。
屋上でキスをすると、追っていたものが消える。
momonomama

momonomamaの感想・評価

3.3
原作はマイノリティ・リポートのフィリッピ・K・ディックの短編。と言っても読んでないのでよく知りません。
上院議員を目指す政治家デヴィッド(マット・デイモン)がある日、バレリーナのエリース(エミリー・ブラント)に出会い、一目ぼれ。
そして親密になっていくのに、なぜか突然拉致されて「あの女はやめとけ」って言われる。拉致犯は調整者たち。



って、ここらで何?これ?
意味わかんない状態でした。
秘密結社かえ?などと思ったのですが、どうやら定められた運命通りに人々が生活するようにずれかけたら調整するらしい(笑
イミフ(笑



愛し合う運命じゃないとか言われても惚れてしまったんだから、、と運命に逆らいエリースを求めるデヴィッド。そしてなぜか下っ端の調整者ハリー(アンソニー・マッキー)が仲間を裏切りデヴィッドにどこでもドアの使い方を伝授する、、、



最後の方はなんとなくウキウキ見れましたが、入り込むのに時間かかった。



(2016年視聴)
aoi

aoiの感想・評価

3.7
自由意志は、意思を持とうとするものに与えられる
Tutu

Tutuの感想・評価

3.4
上院議員立候補中のデヴィッドとダンサーのエリース、二人の「運命の恋」に対し、人間の運命を司るという謎の団体「運命調整局」によって「君たちほんとはくっついちゃいけない運命だから」と、「運命の再調整」という名の妨害工作が行われる。はたして彼らの恋の運命やいかに。

「歩く殺人兵器」ジェイソン・ボーン役で有名なマット・デイモン、今回の敵は人の恋路を「運命だから」の一言で邪魔する「運命の調整人」たちということで、いつもの腕っぷしは中々活かす機会のない辛い役どころである。
この調整員という人たちはどうやら神様とか天使様みたいな人を超越した存在として、人間を定められた運命のとおりに人生を歩ませるとか、そこから外れちゃった人間に対してはレールに戻るよう再調整をするといったことを生業にしている存在らしい。

ある日、ちょっとした運命の捻れみたいなものによって、彼らはデイビッドにその存在を知られるところとなってしまう。そういった脇の甘さや、運命の再調整なんて御大層に宣う割に、やることは連絡先を燃やす、待ち合わせ場所をずらす、といったセコいやり口もあり、調整員は抗いがたい運命として厳然と立ちふさがるわけでもなく、率直に言えば、隙だらけの存在である。本作のメインテーマでもあろう「運命は変えられる」ものであるという、その象徴的存在として考えれば、このくらい緩い方が違和感がないのかもしれない。たった一人二人の運命にドタバタ躍起になっている調整員たちにちょっと親近感が湧く気もする。

「運命」という題材にそんなゆるゆるの筋書き、開始5分ですでに脳裏をよぎるのは「世にも奇妙な物語」である。これは天下のハリウッド版世にも奇妙な物語ですよ。ハリウッドもこういう発想で映画一本取るんだな〜と軽く感動した次第である。個人的にはハリウッド版「ズンドコベロンチョ」を是非観てみたいところ。
Mizu

Mizuの感想・評価

3.7
運命は肩書に沿っていくものではなくて自由に自分で決めていくもの
Zealot

Zealotの感想・評価

3.0
⭐︎ ラブロマンス/ SF/ スリラー
運命に逆らったり受け入れたり逆らったり受け入れたりする話

2020/6
KNT

KNTの感想・評価

3.0
記録
>|