コーチ・カーターの作品情報・感想・評価

「コーチ・カーター」に投稿された感想・評価

あべべ

あべべの感想・評価

4.8
高校の時一年間アメリカの現地公立校に留学してて、バスケやってたんです。もう最高。思い出しちゃって。

自分のコーチのスタイルと似てたし、あの頃を思い出していたく感動しました。

バスケ知らなくても、関係ないです。絶対に見て欲しいですこの一本。
キヒト

キヒトの感想・評価

4.0
小学生の頃に先生の好きな映画ってことで少しだね見たことあったけど、やっとしっかり見れた。

いいー!コーチカーターいい!

カーターのような人に出会いたいです。
チャニングテイタムが若い。
なべ

なべの感想・評価

3.7
実話を基づいて作られた作品。主人公カーターの母校であるリッチモンド高校のバスケ部のコーチを請負うが生徒達は荒れ果て、連戦連敗弱小バスケ部と化していた。そんなバスケ部を人間性の面から更正させつつ奮闘する話。

スポ根映画に扇情的なBGMが加わると否が応でも泣いてしまう…。今作に関してはスポ根より人間ドラマ色が強く、文武両道を掲げるコーチ・カーターの普通とは違った指導方法が見所です。若き日の《チャイニング・テイタム》が出演しております。

素行の悪い生徒をただ怒って叱りつけるだけではダメで、かと言って優しくしすぎると怠けるので…と教師や親はいつもこのような葛藤とに苛まれているのですね。本当に生徒の事を想っているのなら文武共に厳しく指導するコーチのやり方に納得がいく。しかし…↓↓


【以下ネタバレ】


◉この内容と実話だし感動したけれど、節々気になる点が見受けられました。例えば《サミュエル》の「俺の言う通りにすれば勝てる!」という言葉にはちょっとした危険性が含まれてたり、今までチームを離脱し悪びれていた生徒が、友人の死をきっかけに泣いて謝ってチームに戻るという摩訶不思議な展開であったり、映画なので実際にそれらが本当かどうか分かりませんが疑問に感じました。
すぬぴ

すぬぴの感想・評価

3.5
見させられたけどはまった
Daiki

Daikiの感想・評価

-
でかくなりすぎて本質を見失ったアメリカ大学スポーツも1コーチによってこう変化できるかな?と思えた。
minami

minamiの感想・評価

4.0
やっぱりスポーツ青春ものはいいな
>|