M.K.

BROTHERのM.K.のレビュー・感想・評価

BROTHER(2000年製作の映画)
5.0
レビューしてなかったみたい。
今日なんだか思い出して古い記憶だけどメモ。
ブラザー、兄弟、アニキ、aniki。
こんな言葉遊びが最終的には涙を誘う映画だった。
自分のような会社員の先輩や上司とは全く違う、芸人さんたちの兄さんや渡世人さんたちのお兄いさんや任侠世界のアニキ。
brotherの綴り以上の意味を自分は知らないけど、この映画を通じて、海外の人に少しだけ、anikiの意味が伝わったんじゃないかと思う。
マフィアに屈しないバイオレンス映画みたいな触れ込みだったけど、自分の中では任侠&人情映画で、とても大好き。
血縁以上の関係、覚悟がなければ得られないけれど、傷付かない範囲で憧れる。