Kaako

鍵泥棒のメソッドのKaakoのレビュー・感想・評価

鍵泥棒のメソッド(2012年製作の映画)
3.8
売れない役者が、銭湯で転び 頭を打って記憶喪失になった男になりすましたが、その男 実は殺し屋だった。というのが物語のベース
そこに婚活中の女、殺し屋に狙われている女、殺しの依頼者が絡んでいくコメディ。

前半に張り巡らされた伏線が、後半に上手く繋がっている為、展開がスムーズで気持ちがいい。
クスクス、ハラハラ、胸キュンどころもあり最後まで飽きずに楽しめた。
それに加えて、香川照之と堺雅人の演技が上手い。
特に香川照之の記憶を無くして、自分は貧乏で売れない役者だと信じていたところから、記憶が戻った時の切り替えが素晴らしかった。