スワヒリ亭こゆう

鍵泥棒のメソッドのスワヒリ亭こゆうのレビュー・感想・評価

鍵泥棒のメソッド(2012年製作の映画)
3.6
ここ最近、観た邦画の中では群を抜いて面白かったです。
脚本がとにかく面白いです。
記憶を失くした男になり変わる男の話はありがちですが、入口をありがちにしておいて、人と人が絡んでくるうちに段々と巧妙に仕組まれていくストーリーは素晴らしいです。

殺し屋ではなくて、便利屋。コレも面白くさせてますね。便利屋にする事でハッピーエンド、バッドエンド、どっちに話が転んでも面白くなりますよ。
殺し屋だと都合の良いハッピーエンドでは成立しないでしょう。


こういうヤクザが絡んでくるストーリーって、コミカルな脚本だと緊張感がなくなって面白くならないんです。ウケ狙いし過ぎなのがバレバレになってしまうんです。
だからと言って、緊張感があり過ぎるとクライムムービーになってしまいます。
この丁度良い緊張と緩和を上手い役者が表現してますね。
堺雅人と香川照之は本当に良い役者さんです^_^


内田けんじ監督の新作なら映画館に観に行きたいと思いました^o^