回転の作品情報・感想・評価

「回転」に投稿された感想・評価

horahuki

horahukiの感想・評価

4.7
今日でfilmarks始めて1年経ちました!
皆さんいつも本当にありがとうございます!
これからもよろしくお願いします(*^^*)

メモリアル?に選んだのはこの作品。
ジャック・クレイトン『回転』です。
ずっと前からめっちゃ見たかった作品なんですけど、DVDはプレミア価格で1万以上…。発掘良品でレンタルさせてくれるTSUTAYAさんさすがです!

というわけで、あらすじ…

とあるお金持ちの屋敷で、住み込みで男女2人の子供達の家庭教師として働くことになった主人公。主人は仕事で忙しく、子供嫌いで別なところで暮らしている。2人の面倒を見ていくうちに、家政婦らから不穏な話を耳にする。前任の女性家庭教師は自殺しており、以前働いていた男性従者(こちらも死亡)とやりまくってたらしい。そして、それを幼い子供達が見ていたという。そのせいで主人公は変な考えに囚われ、それと同時に、死んだはずの彼らが見え始め…という話。

大傑作でした!!
とにかく素晴らしいのは怪異描写。幽霊を見るのは主人公だけなんですけど、それが実際に存在するのか、それとも主人公が精神を病んだ結果なのかは最後まで見てもわかりません。そして、その見せ方がとにかく不気味。幽霊は目立った動きを見せず、ただそこにいるだけ。例えば、ただ湖の向こう側に立ってこっちを見ていたり、廊下をただ横切ったり、窓の向こう側からただ覗いていたり。敵意があるのかないのかわからない、ただそこに存在する霊というのが何とも怖い。シーンの1つ1つが凄すぎてため息しか出ません。

原作のヘンリージェイムズ『ねじの回転』は10年くらい前に読んだきりですが、主人公の性的欲求不満に根ざした精神的倒錯という、原作で有力な解釈もしっかり取り入れていて、より怪しさが増しています。

お金持ちの主人を男性として意識し、主人に気に入られるために子供達の面倒を見る。そして、子育てをしているうちに、無邪気さの中に性的な不純さを子供たちに見出していく主人公。自己の欲求不満と合わさり、美しすぎる男児の魅力にも気づかぬうちに惹かれ、倒錯していく様を描いた作品……だと思います(笑)

オカルトホラーとしてもサイコホラーとしても傑作な上に、Jホラーの恐怖演出の源流の1つと言われてる作品。1万出しても買う価値あると思うんですけど、なかなか手が出ない…早くBlu-ray化してください!お願いします!
怖かった…😭
美しいが、すごく不気味な映画。なにが本当で何が妄想か、混乱する映画。人によって少し解釈が変わりそう。
幽霊がドドーン!ていうのはまったくないので、ホラーが苦手なわたしでも楽しめた。じわーっとハラハラする。
顔がわからないくらい遠くで黒い服を着た女性が、いる…😱😭というかんじ。背筋がこおるほど不気味…
なにかこの世ならぬ存在が「いる」っていうだけでこんなに怖いなんて!最初の方は夜見ていたが、途中から怖くてたまらなくなり続きは今朝見た。
冒頭からいきなり怖い雰囲気。あの歌声が…😂
主人公や子供たちの演技と思えないほどの迫真の演技がスゴイ。
Jホラーの原点とかなんとかいう話を巷で聞いたので鑑賞。時には悪夢から覚めない方が幸せなこともあるという話。ポランスキー的なパラノイア演出が怖いけれど『反撥』くらいケレン味のある方が好き。全然瞬きしない子供たちが不穏。
fujiK

fujiKの感想・評価

-
🎥✒️📑
冒頭から狭間の世界に誘われるギデンズ、誰かがいる何かがいる!?心霊現象!?気のせい!?

徐々にフローラやマイルスの言動の狂気にさらされながら、その正体が明らかになっていく。

ラストは〝え〜っ!〟そこまでいっちゃうのっていう逆の意味で衝撃。
三角窓

三角窓の感想・評価

5.0
凄い怖くて気持ち悪くなった。多重に多層に塗り込めてある。それが狂気なのか無垢なのか判らなくて悪意みたいに魂の同じ泉から湧き出ていて不埒に地獄を分かち合っている。イノセンスやアンファンテリブルとしての子供たち、ヒステリックに神経を病んでる女、これ見よがしに静かに邪悪な幽霊たちという三つ巴とも三すくみとも言える関係が折り重なって、どこを始点の支点にして視点とすればいいのか全く読めない。
恐ろしいほど悍ましい美しさを伴った映像強度の中に殆ど確かに幽霊を孕んだ禍々しくて不吉な空間が定着していて、その上で、揺れるカーテン、千切れた手首と手を繋いでる石像、その石像の口から這い出る虫、ヒステリーを起こすフローラ、フローラのヒステリックな悲鳴、枕の下の首を折られて死んだ鳩など実態のある不穏が紛れ込んでるからタチが悪い。
怖さと無気味さと不安の所在が掴めぬままゴキブリが出現する空間からこんこんと厭なものだけが噴き出していた。
こんなにも美しくて気持ち悪いキスシーンってあるのか! って驚愕しつつ目眩を覚えました。
みな自分という殻に閉じ込められた、孤独な幽霊なのだ。

とにかく自分好みの凄まじき傑作だった。
白黒だから雰囲気いい
カラーでやったらだめなやつ 笑
hideharu

hideharuの感想・評価

3.3
2017.12.24 DVDを再見。

ヘンリージェイムズのゴシック幽霊譚として有名な原作「ねじの回転」をトルーマンカポーティらが脚色し、ジャッククレイトンが監督、主演はオスカーに6度ノミネートされながら無冠のイギリスの名女優デボラカー。

オープニングからして物悲しいモノローグで始まる。そして20世紀FOXのロゴのバックに流れるのはいつものファンファーレではなく、悲しげな子守唄のような曲。冒頭から悲劇を予感させる。

田舎の屋敷に両親を亡くした2人の子供達の家庭教師として赴任した女性が体験する心霊現象。

本当に幽霊はいるのか?果たして欲求不満のハイミスの見た幻覚なのか?と言うのが原作です。映画版はなかなか見れるチャンスがなくて、小説も中編だった事もあり先に読んでいました。

映画では確かに何かが居ます。太陽の光が降り注ぐ昼間から何かはそこにじっと立っています。でもそれが見えているのはどうやら家庭教師だけ、もちろん子供達が嘘をついて「何も見えない」と言っているのかも知れませんが我々には知る由もない。
家庭教師はいつもソワソワしていたりチョッとヒステリックになったりするので余計に彼女だけに見えているのでは(つまり幻覚かもと)ないかと思えてきます。

この映画は「たたり」と共に後の幽霊屋敷物に多大な影響を与えた作品です。

白黒の映像がとても雰囲気がありますが、映画の中で花や広大な庭、湖が出て来るのでカラー映画だったならばさぞ美しい風景を堪能できたのではと思います。

黒沢清の降霊や岸辺の旅を思い出しました。

幽霊の表現方法って色々あると思うんですけど、ぼんやりしていて何か隅の方に映っているな?ぐらいが個人的にはものすごく程よい塩梅に感じます。

画面バーンも楽しいですけど、こういう奥ゆかしいホラーも好きだなぁと思えました。
>|