回転の作品情報・感想・評価

「回転」に投稿された感想・評価

horahuki

horahukiの感想・評価

4.7
今日でfilmarks始めて1年経ちました!
皆さんいつも本当にありがとうございます!
これからもよろしくお願いします(*^^*)

メモリアル?に選んだのはこの作品。
ジャック・クレイトン『回転』です。
ずっと前からめっちゃ見たかった作品なんですけど、DVDはプレミア価格で1万以上…。発掘良品でレンタルさせてくれるTSUTAYAさんさすがです!

というわけで、あらすじ…

とあるお金持ちの屋敷で、住み込みで男女2人の子供達の家庭教師として働くことになった主人公。主人は仕事で忙しく、子供嫌いで別なところで暮らしている。2人の面倒を見ていくうちに、家政婦らから不穏な話を耳にする。前任の女性家庭教師は自殺しており、以前働いていた男性従者(こちらも死亡)とやりまくってたらしい。そして、それを幼い子供達が見ていたという。そのせいで主人公は変な考えに囚われ、それと同時に、死んだはずの彼らが見え始め…という話。

大傑作でした!!
とにかく素晴らしいのは怪異描写。幽霊を見るのは主人公だけなんですけど、それが実際に存在するのか、それとも主人公が精神を病んだ結果なのかは最後まで見てもわかりません。そして、その見せ方がとにかく不気味。幽霊は目立った動きを見せず、ただそこにいるだけ。例えば、ただ湖の向こう側に立ってこっちを見ていたり、廊下をただ横切ったり、窓の向こう側からただ覗いていたり。敵意があるのかないのかわからない、ただそこに存在する霊というのが何とも怖い。シーンの1つ1つが凄すぎてため息しか出ません。

原作のヘンリージェイムズ『ねじの回転』は10年くらい前に読んだきりですが、主人公の性的欲求不満に根ざした精神的倒錯という、原作で有力な解釈もしっかり取り入れていて、より怪しさが増しています。

お金持ちの主人を男性として意識し、主人に気に入られるために子供達の面倒を見る。そして、子育てをしているうちに、無邪気さの中に性的な不純さを子供たちに見出していく主人公。自己の欲求不満と合わさり、美しすぎる男児の魅力にも気づかぬうちに惹かれ、倒錯していく様を描いた作品……だと思います(笑)

オカルトホラーとしてもサイコホラーとしても傑作な上に、Jホラーの恐怖演出の源流の1つと言われてる作品。1万出しても買う価値あると思うんですけど、なかなか手が出ない…早くBlu-ray化してください!お願いします!
さき

さきの感想・評価

-
観る人を選ぶ映画はひとりで観たいけど、ホラー映画は観はじめると大抵誰かの腕をかりたくなります。最後まで頑張って観た結果、やはりひとりで観るのが吉な作品でした。
最近の特殊効果や映画館の音響機器に頼らない、観客の想像力を最大化させることで恐怖を演出するようなホラー映画を家で観るのがすきです。シャイニングとか、イレイザーヘッドとか、少し不気味で気色の悪い作品がすきです。
最新の技術を駆使したグロくてびっくりするようなホラー好きには全く怖くない退屈な作品に感じられるかもしれませんが、小役の取り憑かれたような演技力に何も感じない人は映画よりも自分の想像力を批判した方がいいかもしれません。
chika

chikaの感想・評価

3.0
え……

フローラちゃんの叫び声が1番怖かった。
華

華の感想・評価

4.5
幽霊らしきものが出る大きなお屋敷を舞台にした白黒ホラー。直接的な表現はあまりなく、隠喩が多い。この酷暑に見るのに適しただいぶ冷んやりとした映画。子供2人の演技もすごくいい。衣装にも見惚れる。
ダニー

ダニーの感想・評価

3.9
めちゃくちゃ怖い!古い映画だから余計に怖い!演出なのか、マジでアカンやつが映っているのかわからないのが怖い。

話がやや平坦なので、キツい人にはキツいかも。でも、「ああ、今のホラーってこういう昔のやつがベースなんやな~」と、勉強にもなりますので、現代ホラーを色々見て、「最近面白いのないな」と思う方がおられたらオススメです。

湖の向こうに………やばい!!

★13本目感想★
abdm

abdmの感想・評価

4.0
19世紀イギリスの田舎町にある大きな城が舞台。主人公はその城の持ち主の貴族に家庭教師として雇われ、住み込みで働く。彼女が面倒を見るのは10歳の男の子と7歳の女の子。働き始めてから少し経つとこの城には異様な雰囲気を漂わす男女がいることに気づく。調べていくうちになんとその2人は既に他界していた。

という典型的な幽霊屋敷映画でゴシック調の強いホラー映画。
抽象的なシーンが多く、どれも多岐に渡る解釈が可能なため二度観たら感想がまるで変わる。

個人的な解釈としては、この主人公の怯え具合はロマンポランスキー監督の『反發』と非常に似ている。前者と後者の違いは何かが見えているかいないか。なんなら後者も観客ですら見えていない何かを見えているようにも感じる。この映画が公開された60年代は「性革命」が起こっていた背景も同時に鑑みると、この映画は抑圧された性欲が解放される瞬間の自分への恐怖心と共に妄想が増え、それを幽霊と捉えてしまったのが、一つの結論。

OPとEDが異常に不気味で大好き。
AS

ASの感想・評価

4.2
『映画はおそろしい』DVDBOXにて
2015.8.13
Y

Yの感想・評価

3.9
記録用。
見せないでいいところも見せていた。全体的に薄い。
>|