回転の作品情報・感想・評価

「回転」に投稿された感想・評価

horahuki

horahukiの感想・評価

4.7
今日でfilmarks始めて1年経ちました!
皆さんいつも本当にありがとうございます!
これからもよろしくお願いします(*^^*)

メモリアル?に選んだのはこの作品。
ジャック・クレイトン『回転』です。
ずっと前からめっちゃ見たかった作品なんですけど、DVDはプレミア価格で1万以上…。発掘良品でレンタルさせてくれるTSUTAYAさんさすがです!

というわけで、あらすじ…

とあるお金持ちの屋敷で、住み込みで男女2人の子供達の家庭教師として働くことになった主人公。主人は仕事で忙しく、子供嫌いで別なところで暮らしている。2人の面倒を見ていくうちに、家政婦らから不穏な話を耳にする。前任の女性家庭教師は自殺しており、以前働いていた男性従者(こちらも死亡)とやりまくってたらしい。そして、それを幼い子供達が見ていたという。そのせいで主人公は変な考えに囚われ、それと同時に、死んだはずの彼らが見え始め…という話。

大傑作でした!!
とにかく素晴らしいのは怪異描写。幽霊を見るのは主人公だけなんですけど、それが実際に存在するのか、それとも主人公が精神を病んだ結果なのかは最後まで見てもわかりません。そして、その見せ方がとにかく不気味。幽霊は目立った動きを見せず、ただそこにいるだけ。例えば、ただ湖の向こう側に立ってこっちを見ていたり、廊下をただ横切ったり、窓の向こう側からただ覗いていたり。敵意があるのかないのかわからない、ただそこに存在する霊というのが何とも怖い。シーンの1つ1つが凄すぎてため息しか出ません。

原作のヘンリージェイムズ『ねじの回転』は10年くらい前に読んだきりですが、主人公の性的欲求不満に根ざした精神的倒錯という、原作で有力な解釈もしっかり取り入れていて、より怪しさが増しています。

お金持ちの主人を男性として意識し、主人に気に入られるために子供達の面倒を見る。そして、子育てをしているうちに、無邪気さの中に性的な不純さを子供たちに見出していく主人公。自己の欲求不満と合わさり、美しすぎる男児の魅力にも気づかぬうちに惹かれ、倒錯していく様を描いた作品……だと思います(笑)

オカルトホラーとしてもサイコホラーとしても傑作な上に、Jホラーの恐怖演出の源流の1つと言われてる作品。1万出しても買う価値あると思うんですけど、なかなか手が出ない…早くBlu-ray化してください!お願いします!
「″想像力″は有りますか?」

ゴシックホラー、心理サスペンスの傑作であり、DVDが高価な為、鑑賞するのがなかなか難しかった作品。

美しく可憐でもあり、不気味さと邪悪さを持ち合わせた子供達。(本来子供(純粋さ)とはそうゆう存在なのかもしれない)

家庭教師ギデンスの奮闘は、″愛″なのか″狂気″なのか。″正義″なのか″妄執″なのか。

「私達は彼女を信じていいのか?」

この物語の″邪悪な存在″とは?存在するかどうかわからない″幽霊(悪霊)″なのか?それとも″想像力″により、抑圧された性的衝動(欲求不満)と満たされない妄執的な愛が狂気に走らせた″彼女″そのものなのか?(あくまで個人的見解)
使用人と前任の家庭教師の死は本当に事故だったのか?(幽霊がいたとして)幽霊に取り憑かれたのは誰なのか?色々と考えを巡らせてみるのも面白い。

この作品には明確な″答え″とゆうものが存在しない。この作品に有るのは″結果″だけだ。それこそが、この作品の魅力であり、傑作たる所以のひとつであろう。
″妄想″か″現実″か、その答えは私達の中にあるのだ……。


ゴシック調の衣装やお屋敷、モノクロ撮影による光と影のコントラストや映像美も素晴らしい。
T兵衛

T兵衛の感想・評価

4.7

このレビューはネタバレを含みます

静かににじり寄る恐怖が全身を硬直させ、息をさせる事すら許さない。圧倒的恐怖に身体が竦むことは請け合いの大傑作クラッシックホラー。

水、カーテン、窓などの透明、半透明な遮蔽物による『あちら側の世界』との境界線の演出だったりは、Jホラーの源流を確かに感じます。境界線の存在を意識させることで、階段を登るという行為ですら『あちら側の世界』へと接続されそうで怖い。

「正気」と「狂気」「あの世」と「この世」の間に存在する境界線。本作はその境界線を想像する事によって、知らず知らずのうちに踏み越えてしまったことで起こる悲劇を描いると思います。
常に我々のすぐ隣にある「あちら側の世界」の存在に対し、我々は耳を塞ぐか目を逸らすことでしか対処出来ない。そうやって何とかやり過ごさなければ、錯乱と発狂の後、深淵の暗黒に飲み込まれてしまうだろう。

などとぬかして来ましたが、
一体本作は、心霊ホラーなのか?欲求不満の年増の女性の妄想から来る一人称発狂ホラー(高橋ヨシキ氏命名)なのか?どちらともとれる内容で見てる間グラグラとして、言い意味で嫌な居心地の悪さを覚えます。そういった曖昧さは本作の狙いの部分で、敢えて曖昧にする事で観客に想像を促させる作りになっているのは上手い所だと思います。
zhou14

zhou14の感想・評価

-
記録
2017/06/14
Hina

Hinaの感想・評価

3.0
モノクロこええよ、、夜なの?朝なの?
意外と貴重な映画なのかもしれませんが・・ ジャック・クレイトン「回転」

結果的には空転しながらもマイケル・ウィナーの野心をどこか支持したくなるような「妖精たちの森」の後日譚であるのはカルト映画ファンでは有名な話の本作ですがカルトらしく完成度は決して高いとは言えずむしろ完成度が低いゆえにカルト化しているのかな?という気がする作品でした。

名優と呼ばれるマイケル・レッドグレイブも同じく名女優と呼ばれる娘バネッサも私にはその良さがイマイチ分かりかねます。
Soichfork

Soichforkの感想・評価

3.5
ジャケットとタイトルがなんだか良くて借りてみたけど、なにこれ怖い。

白黒だし、音楽的にも古くてそれがそもそも不気味。見えてるものは現実なのか。幻覚なのか。いちばん怖かったのは、庭の石像の口を這ってた虫。
これほど奥深いホラーは見たことがない。

設定は少しややこしいかもしれないが、子どもの無邪気さなのか悪霊なのか境界がぼんやりしていることが更なる恐怖となっている。
キよ4

キよ4の感想・評価

-
これは怖い
心理的にじわじわくる怖さ
子供たちが無邪気過ぎて逆にデランス先生が精神に異常をきたして 見えないものを見てしまう怖さがあった だってあの形相だもの
ロウソクやカーテンやオルゴールなどの映像による恐怖アイテムの豊富さ 館自体も不気味だし映るもの全てが怖くなる
少年マイルスとデランス先生のキスに淫靡さを感じてクラクラきた
幽霊は「出る」のではなく「居る」ものとして表現している映画。幽霊って出るより居る方がよっぽど怖いんです。ただ佇んでこちらを見ていたり、驚かすでもなく屋敷を歩いていたり。
そして更にこの映画は1人の中年女のサイコスリラーとしても観ることができる。幽霊は居たのか、女が発狂してみた幻だったのか。屋敷の幻想的な雰囲気が真相を霧に隠している。兄妹のあやし〜い感じも見事。面白ったです。
>|