回転の作品情報・感想・評価

「回転」に投稿された感想・評価

horahuki

horahukiの感想・評価

4.7
今日でfilmarks始めて1年経ちました!
皆さんいつも本当にありがとうございます!
これからもよろしくお願いします(*^^*)

メモリアル?に選んだのはこの作品。
ジャック・クレイトン『回転』です。
ずっと前からめっちゃ見たかった作品なんですけど、DVDはプレミア価格で1万以上…。発掘良品でレンタルさせてくれるTSUTAYAさんさすがです!

というわけで、あらすじ…

とあるお金持ちの屋敷で、住み込みで男女2人の子供達の家庭教師として働くことになった主人公。主人は仕事で忙しく、子供嫌いで別なところで暮らしている。2人の面倒を見ていくうちに、家政婦らから不穏な話を耳にする。前任の女性家庭教師は自殺しており、以前働いていた男性従者(こちらも死亡)とやりまくってたらしい。そして、それを幼い子供達が見ていたという。そのせいで主人公は変な考えに囚われ、それと同時に、死んだはずの彼らが見え始め…という話。

大傑作でした!!
とにかく素晴らしいのは怪異描写。幽霊を見るのは主人公だけなんですけど、それが実際に存在するのか、それとも主人公が精神を病んだ結果なのかは最後まで見てもわかりません。そして、その見せ方がとにかく不気味。幽霊は目立った動きを見せず、ただそこにいるだけ。例えば、ただ湖の向こう側に立ってこっちを見ていたり、廊下をただ横切ったり、窓の向こう側からただ覗いていたり。敵意があるのかないのかわからない、ただそこに存在する霊というのが何とも怖い。シーンの1つ1つが凄すぎてため息しか出ません。

原作のヘンリージェイムズ『ねじの回転』は10年くらい前に読んだきりですが、主人公の性的欲求不満に根ざした精神的倒錯という、原作で有力な解釈もしっかり取り入れていて、より怪しさが増しています。

お金持ちの主人を男性として意識し、主人に気に入られるために子供達の面倒を見る。そして、子育てをしているうちに、無邪気さの中に性的な不純さを子供たちに見出していく主人公。自己の欲求不満と合わさり、美しすぎる男児の魅力にも気づかぬうちに惹かれ、倒錯していく様を描いた作品……だと思います(笑)

オカルトホラーとしてもサイコホラーとしても傑作な上に、Jホラーの恐怖演出の源流の1つと言われてる作品。1万出しても買う価値あると思うんですけど、なかなか手が出ない…早くBlu-ray化してください!お願いします!
ほとんどの時間集中できず、ラスト20分くらいでやっと惹かれるものがあった。終わってみるとなかなか。
原作『ねじの回転』は未読なんだけど、レビューを読んでみて、益々得心がいった。いつかまた観てみたい。
m

mの感想・評価

-
幽霊の出し方怖い
音声の映画だ
規制厨

規制厨の感想・評価

2.9
良くできた映画
ライティング、すげえ
劇中歌われる歌がとてもよい
柳の歌で幕が開く。アバンタイトルの祈りの手がただならぬ雰囲気を醸し出している。

驚いたのはその映像。白黒なのに色鮮やかに見えてしまうのは何故だ?自分の妄想なのか目がおかしくなったのかは分からないが、もはや幻想的ですらある。

この映画、怖いかと言われればそんなには怖くはないけれど、解釈次第では結構怖い気もする(特に性的な意味で)。とにかく登場人物が皆、何かを隠している感じがすごいから観ていて終始不安な気持ちにさせられる。ギデンス含めて誰一人信用できない。

幽霊は果たして実在するのか、それともギデンスの暴走なのか、歪んだ愛、歪んだ欲望、狂気、アンファンテリブル…思い返すと迷い出す思考の迷宮。面白いね。解釈を観客に委ねて煙にまくやり方、嫌いじゃない。

そして衝撃のラストシーン。鼻水出た。
前日譚もあるらしいので観てみようっと

邦題の『回転』の意味が分からなかった。なんで?
上旬

上旬の感想・評価

4.3
ゴシックホラーに加え、心理学的サスペンス、危ういエロティシズムが内包されたすごい一本でした。
草むらに佇む女が遠くに一瞬だけみえるってすごい怖い。
すべて主人公の妄想なのか、それとも怪奇現象は本当にあるのか。最後まで分からない。そして主人公をおかしくしてるのはキリスト教的子ども観という皮肉。
あのキスシーンであ、これはそういう話でもあったかという。鳥肌がたった。
町山智浩さんの「映画ムダ話」きくとすごくよく分かるのでおすすめです。
うずら

うずらの感想・評価

4.5
19世紀ヨーロッパの舞台・装飾が美しいモノクロホラー映画。
ゴシックで美しい世界の中で、なにかいけない事が起こっている。
神秘的な映像と、恥美なストーリーに興奮した。
心霊現象か?
精神倒錯か?
その線引きは、明らかにされない。
物語は、抽象的に描かれていく。

何故ならば…
具体的に映像化するには、
あまりにもタブーな題材だったからだ。


―――そうッ!それは…
性的欲求不満の女性が妄想爆発!
愛のロリショタ劇場ッッ!!☆
(※↓コメント欄にネタバレ)


コレを、1960年代のイギリスで
完全実写映画化というのは
無理があった様に思われます。

21世紀の現在(いま)こそ、
世界に誇るジャパニメーションの出番。
原作で描かれたテーマの「全て」を、
極めて具体的に!
完全映像化だッ!!♪

ヤメてほしいけど。(笑)
>|